スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

iPad

カテゴリー: Computer

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、先日Appleから「最新の創造物」とやらが発表になったんです。
これに対しメディアは好意的な反応ばかりで、なんか納得いかないんですけど。

発表になったのはタブレットコンピュータのiPad、そのアプリのiBooksとiWorksのみ。
いつもの「One more thing...」は無し。
次期iPhoneどころか、iPhone OS 4.0も発表にならなかった!!これ大問題。


もう、個人的には正直がっかりです。
一応iPhoneユーザーですが特にApple信者ではないのもありますし、自分はデスクトップPCとネットブックをすでに持っていてiPadを買う必要がないので、どんなにSteve JobsがiPadは素晴らしいMagicalな製品だと言ってもイマイチピンと来ないです。
その代わり、最近アップデートされていないiPhone OSのバージョンアップに期待していたんですが・・・。


iPadは、確かに見た目は美しいです。たぶん新しいCPUでサクサク動くんでしょう。
ユーザーインターフェイスも洗練されているiPhone OSで、今ある無数のアプリも利用できる。
タブレットコンピュータ普及のきっかけになるんでしょうね。

でも・・・iPhone OS 3.2?
マルチタスクもFlashもサポートしていないってどういうことですか。
まぁiPadはいいです。買うつもりないので。

でもまさか6月ごろに発売が噂されている次期iPhoneも3.2で行くつもりじゃないでしょうね。

もしそうならAndroid携帯に乗り換えますよ?
Nexus Oneも近いうちにVerizonのネットワークで使えるようになるだろうし、ほかのAndroid携帯もいくつか良さげなのがあるみたいだし。



まぁこんなこと言ってもiPadはすごい売れるでしょうし、次期iPhoneも普通に人気が出るんでしょうね。

2010

カテゴリー: Days

いつの間にか年が明けてしまってました。
とりあえず今年は仕事も頑張ります!

DSC_0034_copy.jpg

本年も宜しくお願いいます。

2009年 総括

カテゴリー: Days

今年もやって来ました、年の瀬。

総括ですが、今年は別れと出会い。これに尽きる感じですね。
それを通していろいろな経験をしたし、多少考え方も変わってきました。
そういった意味で、すごくいい年でした。

でも仕事に関してはあまり目標を達成できず。
来年はもうちょっとだけ仕事とか勉強や自己啓発に力を入れて行こうかと思います。
もちろんプライベートも頑張りますけどね。


ともあれ、無事年末を迎えることができました。
これも、自分を支えてくれている皆さんのおかげです。ありがとうございます。


願わくば、自分の大切な人たちと、できるだけ多くの人が幸せでありますように。


良いお年を。

Baltimore Travel

カテゴリー: Travel

旅行の本を読んでいたらBaltimoreの蟹料理のことが書いてあり、無性に蟹がたべたくなったのですかさず休みを利用してBaltimoreに行ってきました。

泊まったのはHenderson's Wharf Inn (1000 Fell Street, Baltimore, MD)というホテル。



Chesapeak湾に面した倉庫を改造したホテルです。
ホテルのグレードは高くありませんがスタッフも丁寧だししっかりしていてすごく良いホテルです。

091214_093036.jpg  

倉庫、ということで当然街中ではなくちょっと外れにあって冬場は寂しげな雰囲気ではあります。

091214_093557.jpg

しかし特に危険というわけでもなく、Fell's Pointという歴史的な地域ということもあり周辺は石畳の道路や街並みも綺麗だし少し歩けばお洒落なバーやレストランもあります。


蟹も海を監視していてくれるし。

091214_092750.jpg


さて蟹ですが。
料理としては、Steamed CrabsとCrab Cakesの二種類が主流のようなので、一食は蒸し蟹、そしてもう一食はクラブケーキをメインに食べることにしました。


レストラン選びでかなりの紆余曲折はあったものの、無事両方にありつけました。


まずMo's Seafood (219 President St., Baltimore, MD)でCrab Cakes。

Mo's SeafoodにはJumbo Lump Crab Cakesというメニューがあり、それをもちろんオーダーしました。
まぁジャンボって言ったってたいしたことないだろうと、Fried CalamariとMaryland Crab Soupも注文したんですが、これは大きな間違いでした。
アメリカでジャンボって言ったらジャンボなんです。

ジャンボなのが来ちゃいました。自分の握りこぶしよりもデカい。しかも二個。

091213_214644.jpg

四人くらいで分けるのにちょうどいいかも知れませんね。

味の方はというと、実はこれまでCrab Cakesって食べたことないんで比べられないんですけど、とにかくデカすぎで飽きちゃいます。
しかも他の料理も注文していたのでお腹いっぱいになって半分位残してしまいました。ごめんなさい。
醤油があったらもう少し頑張れたかも。


そして翌日、Steamed CrabsはBo Brooks (2701 Boston Street Baltimore, MD)で。

Steamed Crabsセット。

091214_134204.jpg

テーブルには厚めの模造紙のようなものを敷き、木槌に蟹肉ほじくり用のナイフ、そして殻を入れるバケツが用意されます。

こちらがSteamed Crabs。
Blue Crabという蟹にOld Bayという特製のスパイスを塗りたくって蒸したものです。

091214_141500.jpg

091214_151817.jpg

Largeサイズの蟹6杯で$25くらいでした。(出てくるまでに結構時間がかかったからなのか、ただ数え間違えたのかはわかりませんが、サーバーのおばちゃんはドサドサっと7杯テーブルに置いていってくれましたけど。)


無言で足をもぎり、殻を木槌でたたき割り、身をほじくり、蟹味噌を食らうこと数十分。

091214_145552.jpg

091214_145711.jpg

バケツの中には変わり果てた姿の蟹が。

ご馳走様でした。


このSteamed CrabsはOld Bayがちょっと辛いので、ビールとよく合います。
これを夏の夕方にテラス席とかでビール飲みながら食べられたら最高でしょうね。

ともあれ、久しぶりにカニをたくさん食べられて大満足でした。


Baltimore、最高です。
蟹を食べることしかしてないけど!

有給月間

カテゴリー: Days

今日から一週間お休みです。

有給が残っていたものの他の人の休み等との兼ね合いもあって使い切るのは諦めていたんですが、ここに来て無理矢理休むことになりました。
これもメンバー思いのマネージャーのおかげ、というか彼が休みたいから他のメンバーにも休ませているとしか思えない采配なんですが。

今月の出勤予定の22日のうち、9日間を休むことになってます。
休めるのは一応嬉しいんですが、休むことによって他の人に仕事を頼んだり自分でやり繰りしたりするのが結構面倒です。
しかもここまで短期集中だと特に。



折角の休みなので、今日は街に出て写真でも撮ってこようと思い出かけたはいいんですが・・・寒くて泣きそうでした。
ていうか風邪引いたかも。


ともあれ、Happy Holidays!

091210_175210.jpg

091210_183625.jpg

091210_185458.jpg

Lupa

カテゴリー: New York

ちょっと前の話なんですが、イタリアンレストランの Lupa (170 Thompson St, New York, 212-982-5089)に行ってきました。

「おいしいイタリアン」という事前情報しかなかったのですが、確かにかなりおいしかったです。
店内は木のテーブルでカジュアルな雰囲気です。そしてシンプルな白い食器も飾らない感じで好感が持てました。

パスタ類は深めの食器というかボウル(?)でサーブされるんですが、傍目からだとラーメン食べているみたいに見えます。
パスタはちゃんとアルデンテで、しかもモチモチしていて食べ応えがあります。

そして店員さんのサービスもなかなか良く、全体的に満足度が高いお店でした。
混んでいるのも頷けます。

それもそのはず、この店はアイアンシェフアメリカでアイアンシェフを務めたマリオ・バタリの店の一つだったらしいんですね。
あまり外食しないので知らなかったんですが、かなり有名なお店だと後で知りました。


隣の席の人が生ハムをおいしそうに食べていたんで、次回行く機会があれば試してみようかと思います。

091024_143040.jpg

仰天のFURminator

カテゴリー: Cat

前から気になっていた、だけど妙にお高いFURminatorをついに手に入れました。

んで早速使ってみましたが、これはすごい。
アホみたいに毛が取れます。

さすがにウェブサイトの動画みたいにはなりませんが、確かに外側のトップコートヘアはそのままでアンダーコートヘアと呼ばれる内側にある細くてふわふわした綿毛だけがごっそり取れました。

普通のブラシなどはお話にならないくらい大漁です。

見た目とてもシンプル(目の詰まった金属のくしみたいな感じ)なんですが、どういう仕組みで毛が引っかかってくるのか全く分かりません。

あんじもびっくりです。

091016_225349.jpg

アーミッシュ

カテゴリー: Travel

PennsylvaniaのLancasterに旅行に行ってきました。

091012_154309_Canon IXY DIGITAL 510 IS

この付近はアーミッシュが暮らす土地として有名です。

正直、自分はアーミッシュとジューイッシュの区別がちゃんとついていなかったくらい無知だったんですが、このアーミッシュの人たちはとても興味深い生活をしています。


アーミッシュはキリスト教の中でも特に保守的な部類の人々で、2-300年前の生活様式や文化を現在も頑なに守り続けています。

その根幹にあるのが信仰心。自分のような無神論者とは対極の人たちです。


彼らは電気や水道、車などを利用せずほぼコミュニティ内で自給自足の生活をしています。
牛や羊、ヤギや鶏などを飼い、車ではなく馬車で移動し、電気ではなくプロパンガスで明かりを灯す。

091012_144253_Canon IXY DIGITAL 510 IS

服装も質素で地味な色が多く、干してある洗濯物を見るとその家に住んでいるのがアーミッシュなのかそうでないのか一目瞭然です。

091012_145250_Canon IXY DIGITAL 510 IS

偶像崇拝につながるため、鏡も一家に一枚、家族が集まるリビングに掛けられているのみ。
写真を飾ったり撮られるのも同じ理由でタブーらしいです。
遠くから、風景の一部として撮られるのは問題ないらしいですが、一応彼らの意思を尊重して撮影はしませんでした。



彼らには厳しい戒律がありそれに反すると追放されてしまうらしい。
怒るのもだめ。本や音楽も楽しめない。高等教育も受けられない。
ていうか快楽を感じてはいけないってどうなんでしょう・・・。

失礼な話ですが、あまり面白くはなさそうです。

でもおそらく禁欲的(彼らは禁欲的だと思っていないのかもしれないけど)であることは、神への感謝を表す行為なんでしょう。
となると快適さを求めることは神に近づこうとする愚かな行為なんでしょうか。

携帯電話がないと待ち合わせにも苦労する自分には、アーミッシュの精神世界を理解する手がかりさえ見つかりません。


とは言え、彼らも最近の技術をすべて否定しているわけではなく、風力や水力発電は利用していますし太陽熱発電などを取り入れる家庭もあるのだとか。

自分たちの大切にしている部分を外部に冒されることなく、良いものは慎重に検討して柔軟に取り入れる。
自分も見習わねば。

もう冬?

カテゴリー: Days

今日は朝から寒くて雨が降り続く嫌な天気でした。

風も強くて、傘を飛ばされないように両手で持って歩いていたらあまりにも寒くて手が悴んで泣きたくなりました。
しかも室内に入った後はなぜか指のすべての節がもれなくズキズキと痛み始める始末。

これは寒いからではなくてただ単に歳のせいかもしれませんが。


久しぶりなのに、こんなエントリですみません。

090915_210558_iPhone 3G

Geeky Talk

カテゴリー: Computer

NYに来てからずっと使っていたPCが頻繁に落ちるようになってしまったので、ついに新しいPCを買うことにしました。
まぁ普段のメールチェックやネットはLenovoのネットブックを使っているし、バックアップも外付けHDDにとってあるので緊急ということではなかったのですが、なんだか気分悪かったので。

PCを買うといってもモニタやドライブその他問題なく使える部品もあることだし、自分もIT業界で働く人間なので、ここはひとつ出来合いのPCを買うのではなく自作してみることに。

「安さ重視」で検討に検討を重ねた結果、以下のような構成になりました。

CPU: Intel Pentium E5200 Wolfdale 2.5GHz
RAM: G.SKILL 4GB (2 x 2GB) 240-Pin SDRAM DDR2
HDD: SAMSUNG HD502HI 500GB
Power Supply: Rosewill Stallion Series RD450-2-SB 450W
Optical Drive:
Pioneer DVR-A09
Motherboard:
GIGABYTE GA-G31M-ES2L Micro ATX
Case:
Rosewill R5604-TBK 0.8mm Dual 120mm Fans ATX Mid Tower
Monitor:
SAMSUNG SyncMaster 2253BW

ちなみに新しく購入した部品は全部で$299でした。


さて、いよいよ組み立て。
説明書がまったく親切じゃなかった(説明書とは言えないレベル)のでMotherboardとケースのフロントパネルの配線に少し手間取りましたが、その他は特に問題なく終了。
電源投入してBIOSの設定、OSのインストール(HDDのフォーマット含む)も無事終わりWindowsが起ちあがりました。
自作というと大仰な感じですが、少し面倒なのは最初にどのパーツが必要なのかを見極める(パーツ同士の相性や対応状況もあるので)部分だけで、実際に組み上げるのは小中学生でもできますね。


あまりお金をかけずにそれなりに早いWindows PCが出来上がって大満足なんですが、ひとつだけ気になるのはケースだかCPUクーラーだかのファン音がちょっとでかいこと。
安いパーツで組んでいるので仕方ないですが、これはもう少し静かなパーツに取り換えるかも知れません。

あとはWIndows7が出たらアップグレードするくらいで、それ以外はしばらく快適に使えそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。