スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Grand Duchy of Luxembourg

カテゴリー: Days

大学院時代の友達がルクセンブルクに引っ越してしまうということで、院時代の生き残り数人でNolitaにあるB Bar & Grill (40 East 4th Street, New York, 212-475-2220)というアメリカン・フュージョン(?)レストランに集まりました。
食事もなかなかおいしかったし、店内は広くてオープンな雰囲気なので大勢で行くと楽しめると思います。

自分はまだあまり調子が良くないのであまりアルコールを飲むのはやめようと思っていたのですが、最初に乾杯して飲み始めたら逆に調子が良くなってきました。
酒は百薬の長とはよく言ったモンだ。

そんなわけで、食事の後はSohoに移動してPravda (281 Lafayette Street, New York, 212-226-4696)というバーで乾杯。
このバーは音楽が大音量でかかっていて離れた友達の声が聞こえず話が分からな区なってしまって困りました。
それから、このバーではDirty Martiniは飲まない方が賢明です。
とはいえ、ロシアンバーというのもなかなかめずらしいような気もするので、行ってみる価値はあるかも知れません。店員さんもかわいかったし。

さて、今回ルクセンブルクに行ってしまう友達も、そもそもNYで仕事を探していたものの結局見つからなかったことによる苦渋の選択です。
友達はフランス人なのですが、最近結婚した旦那さんがフランス語を話せないため、英語が事実上の公用語になっているルクセンブルクで仕事を探したのでした。(ちょっと違うかも・・・)

ともあれ、また一人、生き残りが減ってしまいます。

MBAって何なんでしょうかね。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

GO

URL | [ 編集 ] 2005/10/21(金) 16:43:21

MBAホルダーの生き残りの一人です。

MBAとは、持っていても意味のないもの。MBAを取るためにどれだけ脳ミソをつかったかが重要!

でも、彼女の場合はフランス人で金融狙いという条件がいけなかったのでしょう。レストランとか、ファッション系だったらもっと希望もあったでしょう。

で、彼女の旦那は確かにフランス語が話せず、でもフィリピン人なので国に帰るのも忍びなく、EU内ならEU人である配偶者が仕事を持っていればEU人ではなくてもビザがいらない?らしく、フランスもすぐなので、ルクセンブルクに決めたそうです。

因みに、Pravdaにはウォッカの利き酒セットがあり(確か8種類入りで$50ぐらい)、これ結構おもしろいです!ウォッカにもいろいろなテイストがあるのだなぁと感心させられます。お金と勇気があったらお試しください!

なお、別途トニックウォーターを注文しておくことをおススメします。割ったほうがおいしいものもあるので…。

まと

URL | [ 編集 ] 2005/10/21(金) 23:39:32

>GO
利き酒セット頼もうかと思ったけど、ウォッカはあまり得意じゃないのでやめときました。











管理者にだけ表示を許可する
http://ytkmatt.blog24.fc2.com/tb.php/37-3c90ec06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。