スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

(あまり)知らない同級生

カテゴリー: Days

高校時代の同級生がChicagoに転勤することになり、その準備でNYにも足を運んでいるので会おうということになりました。

しかし、申し訳ないんですけど、あまりその彼についての記憶がないのです。
彼の方も同じだとは思いますが。

彼について覚えているのは、彼がとある大学の一般受験を希望していた奇特な人だったということ。
というのは、うちの高校は大学と繋がっている系属高校、いわゆる「エスカレータ式」に大学に行ける高校だったのです。
普通に勉強していれば普通に大学に行けるワケですが、進学校のような受験用の授業を受けていないため一般受験をするとなるとかなり不利になります。

結局、最終的に彼は「エスカレータ」に乗って大学に行ったワケですが、自分の中では「なんだかすごい人だなぁ」と思っていたのでした。

逆に恐らく彼が自分について覚えているのは、自分がその「エスカレータ」に乗れなかった数少ないお馬鹿さんのうちの一人である、ということでしょう。
あるいは、そのことすら知らないかも知れない。

まぁ、それくらい薄い関係でした。

それでもせっかく声を掛けてもらっているんで、一緒に食事をすることにしました。
親しい友人ならテキトーにその辺で、ということにもなるのですが、なにしろ顔もあまり覚えていないくらいだったので多少準備して事に臨みました。

まずレストランの予約。
あまりファンシーな店に男二人で行くのはイヤだったので、カジュアルめな店を狙って、しかもアメリカっぽいところ、と言ったらやっぱりステーキか、とかなり個人的な希望も勝手に込めてGallagher'sに行くことにしたのでした。
しかし、前日に予約の電話を入れてみたところ、「当日の朝に電話しろやコノヤロウ」的な応対をされてF U very much。
確かにGallagher'sはベタすぎるし最近味が落ちているという話も聞いたので取りやめ。
そこで、お気に入りのPAMPAに行くことにしました。
ここなら安心。いろんな意味で。

そして食事の後は、会社の友達が誘ってくれたGuggenheim MusiumでのArt After Darkというイベントに合流してNYナイトライフ(?)を垣間見てもらう---。



さて、当日。
少し心配だった待ち合わせ(顔を覚えていないため)も、彼を一目見たら思い出して問題なく会うことができ、早速PAMPAに向かいました。

席に着いて話が進むにつれだいぶ打ち解けてきて、昔の話や高校を卒業してからの話などを軽くした後に、大質問大会が始まりました。
保険のこと、英語のこと、仕事のこと・・・。
エリート街道を突き進んでいる彼もいろいろと海外での生活が不安なようで、質問は尽きないのでした。

特に、道を歩いている時に黒人にぶつかられ、そのひとの持っていたワインだかなんかが落ちて割れてしまい、それを弁償しろと脅されカネを取られてしまったという、旅行のガイドブックに載っているような被害に実際に遭ってしまったりして彼の不安は増すばかりだったようです。
そしてアメリカで初めて食べるステーキ肉の大きさにびっくりして、写真をバシバシ撮ってました。
早速カルチャーショックの洗礼を受けている様子で、5年前の自分を思い出しました。


話が少しずれるのですが、今回のPAMPAではちょっとショックなことがありました。
いつもはペロリと食べてしまう肉を残してしまったのです。
別に体調が悪かったわけでもないし、胃が小さくなるほどダイエットしていたワケでもないし・・・。
なんだか年を感じてしまいました。
近いうちにリベンジに行かねば。


食事も終わり、Guggenheimのイベントの話を切り出してみると、タイミングの悪いことに昼間のうちにちょうど美術館を見てきたばかりらしい。
それでも、DJ入るし酒も飲めるし昼間とは雰囲気違うから・・・などと言って無理矢理説得しました。
ただ時間が早かったので近くのカフェで一杯やることに。
ここでも質問の応酬だったのですが、そうこうするうちにすでにGuggenheimに行っているはずの友達から電話が入りました。
どうやら入場制限がかかっていて順番待ちの列に埋もれているらしい。

しばらくして店を出て友達に電話してみると、Guggenheimは諦めてバーで飲んでいるとのこと。
残念。

結局友達は翌日の早い時間にWashingtonに飛ばないといけないということもあり、そこでお開きにすることにしました。

友達もそれなりに楽しんでくれていたようなので、とりあず良かったです。
ちょっと疲れたけど・・・。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

Aya

URL | [ 編集 ] 2006/10/09(月) 15:43:46

脅かされてお金とられた話、悪いけど笑える。ステーキの写真ばしばし撮るところもおのぼりさんみたいでかわゆい。

Gallagher'sは3年ほど前につれてってもらった事がある。味は悪くなかったけど、対応はやっぱり悪かったかも。ああいうところは、どこも高慢ちきなんだよ。

それにしてもお肉残すなんて。。。この間、うちでは結構お肉もりもり食べてたのに。プラス白いご飯&明太子も。

まと

URL | [ 編集 ] 2006/10/09(月) 22:29:51

>Aya
宿泊費が安かったためハーレムに宿を取ってしまい、被害に早速あってしまったと。
お金だけだからまだマシとは言え、かなりビビってました。

肉を残すなんて滅多にないんでショック。
この間の焼き肉は正直なところ、まだいけました。











管理者にだけ表示を許可する
http://ytkmatt.blog24.fc2.com/tb.php/209-0faacf4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。