スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

箱根温泉旅行

カテゴリー: Travel

取りたての免許で両親を連れて箱根まで温泉旅行に行ってきました。

10時頃所沢を出て16号に乗りひたすら南下。
渋滞に巻き込まれながらなんとか小田原厚木道路から箱根に14時頃到着しました。

箱根はあいにく雨が降っていて芦ノ湖も霧がかかってしまっていました。

とりあえず腹ごしらえということで、湖畔の絹引の里というそばやさんみたいな店に入りました。
ここは絹引うどんという箱根の名水と三島産の黒ゴボウの汁を焼き炭でアク抜きして、胡麻風味豊かに仕上げられた細いうどんが名物のお店です。
普通においしかったです。

その後、両親の希望で成川美術館へ。
小高い丘の上に建ち周りを木々に囲まれたこの美術館ではウグイスの鳴き声が頻繁に聞こえてきました。
館内はあまり大きくなく、企画展示が3~4室あり、あとは展望喫茶店とミュージアムショップがあるのみでした。

展示もいいのですが、ここでは展望喫茶からの芦ノ湖を一望できる眺めがすばらしいです。

次にどこか行きたいところがある両親に聞いたところところ、「特にないからそろそろホテルに行こうか」という消極的な答えが返ってきました。

しかし、そんなに早くにホテルに行ってもやることがないので無理矢理箱根の関所に行くことにしました。
そして、直後に後悔しました。
もう、展示がショボいです。
正直なところ、自分は箱根に関所があったということは何となく知っていましたが、詳しいこと、どころか関所ってそういえばどういうところかもあやしい知識しか持っていませんでした。
そういった意味では知らないことを勉強できたのでとてもためにはなったのですが。
とにかく展示がショボい。

現在復元工事中の関所というのも一部がすでに公開になっていたので見てきましたが、インパクトに欠けるというか、イマイチ感が否めません。


あきらめてホテルに向かうことにしました。

予約したホテルはグリーンプラザ箱根。 
ホテルまでの行き方がわかりにくく多少迷ってしまったものの無事到着しました。

エントランスでウェルカムドリンクをいただき、チェックインして部屋に入るやいなやテレビをつける両親。

そこにはぶつかり合う肉体が。
相撲・・・。見たかったみたいです。
だから早くホテルに行こうって言っていたんですね。

なんか、旅行に連れてこない方が家でゆっくり相撲見られて良かったのかなぁと少しおセンチになりました。
でも、二人が一緒に楽しめる娯楽があることを知ってなんとなく嬉しかったりもします。
それはそれで置いておいてとりあえず自分は温泉に入ってきました。

このホテルのウリのひとつは露天温泉から見える富士山です。
しかし前述の通り天気が悪く、翌日も雨の予報とのこと。
それ以前に、男湯からは富士山は見えないらしいです。
「富士山あっち」と矢印が書いてありますけど、あっちってどの程度「あっち」だ。

とにかく。
久しぶりの温泉は最高でした。

夕食は懐石コースみたいなの。
食前酒からデザートまで全部で6種類くらい出てきたでしょうか。
結構おいしかったです。

でも親父は残し気味。
実は歯が悪くなっていてあまり堅いものなんかは食べられないみたいです。
あちゃ。

食後、自分が館内をブラブラしている間に親父は風呂に行ってきたようですが、お袋の方は部屋のシャワーで済ましたらしく、その時にハッとしました。
お袋は以前病気になって体の一部を切除しているので、ひょっとしたら温泉のようなところには行きたくなかったのかも知れません。

相撲の件もそうですが、両親について知らないことが増えているのをつくづく実感した旅行になりました。


ちなみにホテルは全体的にサービスも行き届いていて気持ちよく過ごせました。
次回は天気の良い日に利用したいと思います。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://ytkmatt.blog24.fc2.com/tb.php/159-73ff0f02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。