スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Snowboarding at Mountain Creek

カテゴリー: Sports

Mountain CreekというManhattanから一時間ほどのスキーリゾートでスノーボードをしてきました。

基本的に天然の雪はあまりなく、人工降雪機がフル稼働していました。
人工降雪機とはいえ、Mountain Creekの雪は気温が低いせいもあってか、普通の雪と変わらないくらいなめらかでした。

CIMG1874.jpg


さて、ブーツとボードを借りてゲレンデに出たものの、5年ぶり、しかもアキレス腱切って以来初めてのボードということで最初はおっかなびっくりでした。

とりあえず滑り方を忘れてはいなかったのですが、なにかしっくり来ない。
ターンのきっかけが見つけられなくて、その結果無理矢理ターンしている感じでした。

これだと、滑っていてもおもしろくないのです。
雪面からの押し返しみたいなものが感じられると、リズムが出てきてターンもスムーズにできるのですが・・・。

結局感覚を取り戻すことができずに休憩に入りました。
軽く食事をしていると、なにやら足がピクピクと動き始めました。
情けないことに、数時間ボードをしただけで足が痙攣してしまったのでした。


休憩後は違うコースを滑ることになりました。

Vernon Peakの頂上からのトレイルですが、ノンストップなら数分で下りられる距離。
パウダースノーの次にロングトレイルが好きな自分としてはいささか物足りないものでした。

CIMG1881.jpg


しかし、途中にアイスバーンがあったり(しかも新しい雪が表面を覆っているので、一見すると分からない)、初心者コースとは思えない斜面があったりで痙攣する足にはきつかったのもまた事実。
そして、問題は初心者の友達もそのコースに連れてきてしまい、更に悪いことに、先に行っていていいよという彼女の言葉に甘えてしまったこと。

途中で、このコースは初心者には辛いかも・・・と思ったものの後の祭り。
しばらく待ってみても一向に下りてくる気配がないので、速攻で下まで下りてゴンドラに乗って再度頂上へ向かいました。

頂上から友達を捜しながら下りたのですが、なかなか見あたらない。
危険ゾーンにもいない。
ひょっとして、コースを外れて遭難しているのでは・・・とか、ケガしてレスキューに連れられていったのでは・・・といった考えが頭をよぎった頃、ぐったりしてコースに腰を下ろしている友達発見。

わー。自己嫌悪。
ボードを外してトボトボ下山する友達の後ろ姿を見ながら、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
ちゃんと教えてあげられなかったしな・・・。


その後、2本ほど頂上から滑ったのですが、ようやく雪面がつかめるようになってきました。
そうなると無心で滑れるので本当に気持ちがいいです。

そんな感じで久しぶりのボードを(自分だけ)満喫してきました。
天気も良かったし、何よりケガがなくて良かったです。

CIMG1879.jpg


それから、仕事の都合で自分は滑れなくなってしまったのに、車で送り迎えしてくれたイグザビエル君に感謝。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

おりー

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 12:27:46

師匠、ありがとうございました。
師匠のスノボの上手さに見とれてました。

写真すっごいきれいに撮れてるね。
みんなで記念撮影できなかったのが残念・・・。

Kitty

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 14:57:06

お疲れ様でした!
また、行こうね!

まと

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 23:01:42

>おりー
スノボやれとかいっておいてちゃんと教えてなくてごめんなさい。
スノボ嫌いにならないでね。

写真はみんなで撮るの忘れてたっていうか、みんなで一緒にリフトにすら乗ってないからねぇ・・・。

まと

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 23:06:00

>Kitty
いろいろありがとね。
あんなに近いところにスキー場があるなら、毎週末行きたいくらいだね。
金が無いけどさ。











管理者にだけ表示を許可する
http://ytkmatt.blog24.fc2.com/tb.php/120-69c622d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。