スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

イヤと言えない

カテゴリー: Computer

うちのRMからとんでもないものを渡されました。
「福島バトン」。

いったいどうしろというのか。
やりますけどね。


質問はこんな感じ。

●冷やし中華にマヨネーズを入れて食べる。
●いか人参が福島ローカルな食べ物だと知り、唖然とした。
●かあちゃんは、冬になるといか人参を作る。 
●「ずねーばっこ」の意味がわかる。
●スーパーといえば、ヨークベニマルだ。
●智恵子が言うように、「福島には本当の空がある」と思う。
●修学旅行のおみやげで白虎隊の木刀を買ったことがある。
●食べたいのことを、「食べっちー」、行きたいのことを、「行きっちー」と言う。
●ドラマの田舎設定で福島県が使われことがあるが「あんなになまっていないよ!」と突っ込みを入れるが、完全に否定できない自分もいる。
●温泉たまごのことを他県人に「ラジウム玉子」と言ってしまい通じなくて困ったことがある。
●福島民報、民友を購読している。
●野口英世のお母さんの名前が「野口シカ」であることは常識として、ついでに姉さんが「野口イヌ」であることも知っている。
●お土産といえば、ままどおる、エキソンパイ、太陽堂の麦せんべいである。
●キビタンの奥さんはキビママである。
●天気が会津、中通り、浜通りと3種類あり、いずれもすごく差があるので面倒だ。
●逆接の接続詞は「んだけんじょも」である。
●東京に行くまで自分が標準語を話していると思っていた。
●志村けんのギャグである「だいじょぶだ~」は福島の方言だということを知っている。
●『リカちゃんキャッスル』は、遠目に見ると紫のお城はまるでラブホだ。
●二本松の菊人形は日本三大菊人形といわれているが、他の2つは知らない。
●こないだまで、すべての頭のいい高校は男子校と女子校に分かれていると思っていた。
●牛乳といえば酪王牛乳。
●語尾の「~だばい」と「~だべした」のどちらを使うかによって、その人が何処の地区の出身なのか想像が付く。
●自動改札を通る時は緊張する。
●DASH村が福島県にあることがうれしい。
●電車は1時間に1本が当たり前。
●「うるかす」という物言いが方言だとは知らなかった。
●県民以外、開催されているという事実すら知られていない「うつくしま未来博」には呆れを通り越して怒りすら覚える。
●可愛いものを見ると、反射的に「めんこい」と口走ってしまう。
●首都機能移転にかすかな期待を寄せているが、半ば諦めてもいる。
●スパリゾート・ハワイアンズに名前を変えたからといって、常磐ハワイアンセンターとの違いが分からない。
●春も喜多方、夏も喜多方、秋も喜多方、冬も喜多方を読まずについつい歌ってしまう 。
●佐藤栄作と野口英世と高村光太郎と西田敏行は尊敬しているが、佐藤B作はそれほどでもない。

質問多い。
しかもよく分からない。

ということで、調べてみることにしました。

●冷やし中華にマヨネーズを入れて食べる。

食べません。
なんとなくおいしそうな気もしますが。
焼きそばにからしマヨネーズ入れるのとあまり変わらないっていう意味では、アリかも。

ちなみに、冷やし中華+マヨネーズは福島と名古屋だけみたいです。
参考:日本の標準

●いか人参が福島ローカルな食べ物だと知り、唖然とした。
●かあちゃんは、冬になるといか人参を作る。 

聞いたことなかったです。

福島市の郷土料理には、「いか人参」というものがあります。
非常にシンプルなもので、するめ、人参を細切りにし、それを醤油、お酒などでつけ込んだものです。おそらく、それぞれの家庭での隠し味も入ってると思います。


参考:全国郷土料理マップ

酒のつまみに良さそうです。

●「ずねーばっこ」の意味がわかる。

分かりません。
意味をぐぐっていたら、この福島バトンの原型を発見してしまいました。
完全版を見たい人は福島人チェック!に行ってみましょう。

福島県人でもあまり知らないようですが。

ずねー」は「大きい」
ばっこ」は「大便」
だそうです。
参考:全国方言WEB ほぐりぐ

●スーパーといえば、ヨークベニマルだ。

スーパーといえば、幼少時代は「まるわ」でした。

ヨークベニマルは聞いたこと無いです。
イトーヨーカ堂のパクリかと思ったら、業務提携しているんですね。

参考:ヨークベニマル

●智恵子が言うように、「福島には本当の空がある」と思う。

福島というのは福島県安達町のことだそうです。

智恵子抄は読んだことあったと思うのですが、全く覚えていません。
ちゃんと読んでみたくなりました。

参考:福島県安達町

●修学旅行のおみやげで白虎隊の木刀を買ったことがある。

そもそも、白虎隊が会津の話だったのを知りませんでした。

参考:白虎隊記念館

●食べたいのことを、「食べっちー」、行きたいのことを、「行きっちー」と言う。

福島県の人でも、住んでいる場所によって知らない人もいるみたいです。

●ドラマの田舎設定で福島県が使われことがあるが「あんなになまっていないよ!」と突っ込みを入れるが、完全に否定できない自分もいる。

日本人の英語のアクセント(発音)を真似されてカチンと来るけど、まぁ確かに普通の日本人はそういう風に発音するわな、と思うのと一緒でしょうか。

●温泉たまごのことを他県人に「ラジウム玉子」と言ってしまい通じなくて困ったことがある。

何となく想像はできる命名だと思います。
厳密に言うと、飯坂温泉の温泉玉子が「ラジウム玉子」なわけですね。

参考:飯坂温泉の名産品

●福島民報、民友を購読している。

Webサイトでは、福島民報の方が好きです。

参考:福島民報
    福島民友

●野口英世のお母さんの名前が「野口シカ」であることは常識として、ついでに姉さんが「野口イヌ」であることも知っている。

他の家族の名前がものすごく気になります。

●お土産といえば、ままどおる、エキソンパイ、太陽堂の麦せんべいである。

「ままどおる」はスペイン語で「お乳を飲む人々」だそうです。
なぜ突然スペイン語?
エキソンバイの「エキソン」はなんなんだろう。
麦せんべいは南部煎餅に似たものらしいです。

参考:三万石  
    じゃらんnet - 麦せんべい

●キビタンの奥さんはキビママである。

福島の県の鳥であるキビタキをモチーフにしたマスコットらしいです。
娘はキビィ、息子はキビマルです。

ちなみに、埼玉のマスコットは「コバトン」です。
奥さんも子供もいません。

参考:福島県

●天気が会津、中通り、浜通りと3種類あり、いずれもすごく差があるので面倒だ。

別に、福島に限ったことじゃないと思いますけど。

●逆接の接続詞は「んだけんじょも」である。

山形弁三級の自分にとっては、理解可能な範囲です。

●東京に行くまで自分が標準語を話していると思っていた。

わりと中華思想ですね。

●志村けんのギャグである「だいじょぶだ~」は福島の方言だということを知っている。

うちの実家の所沢のお隣、東村山は志村けんの出身地ですが、「だっふんだ~饅頭」とか「だいじょぶだ~どらやき」とか売ってます。
そして東村山市商工会議所のウェブサイトのトップは「あい~ん」で迎えてくれます。

参考:Cotan.jp

●『リカちゃんキャッスル』は、遠目に見ると紫のお城はまるでラブホだ。

こんなのです。

リカちゃんは英語表記はLiccaなんですね。

参考:リカちゃんキャッスル

●二本松の菊人形は日本三大菊人形といわれているが、他の2つは知らない。

日本三大菊人形という言葉があったのを知りませんでした。

●こないだまで、すべての頭のいい高校は男子校と女子校に分かれていると思っていた。

やっぱり、異性に気を取られてしまう共学はいかんですよ。
(元男子校生の叫び)

●牛乳といえば酪王牛乳。

酪王カフェオレがおいしそうです。

参考:酪王牛乳

●語尾の「~だばい」と「~だべした」のどちらを使うかによって、その人が何処の地区の出身なのか想像が付く。

「~だべした」は山形でも使っているみたいので、結構上の方なんじゃないですかね。

●自動改札を通る時は緊張する。

自分も緊張します。

●DASH村が福島県にあることがうれしい。

DASH村ってまだあるんですね。

参考:DASH村

●電車は1時間に1本が当たり前。

そうですか。

●「うるかす」という物言いが方言だとは知らなかった。

この間うちのRMが言い放ってました。

●県民以外、開催されているという事実すら知られていない「うつくしま未来博」には呆れを通り越して怒りすら覚える。

なぜそんなに怒るのでしょう。

●可愛いものを見ると、反射的に「めんこい」と口走ってしまう。

めんこいと聞くと、ほっぺたの赤い、三つ編みした、どてらを着た子供をイメージしてしまいます。

●首都機能移転にかすかな期待を寄せているが、半ば諦めてもいる。

もし移転しても、標準語までは変わりませんよ。

●スパリゾート・ハワイアンズに名前を変えたからといって、常磐ハワイアンセンターとの違いが分からない。

何も知らない自分からすると、少しだけお洒落なニオイがしますけど。

参考:スパリゾートハワイアンズ

●春も喜多方、夏も喜多方、秋も喜多方、冬も喜多方を読まずについつい歌ってしまう 。

喜多方というとラーメンしか知らないんですが、読むとか歌うってどういうことでしょうか。

●佐藤栄作と野口英世と高村光太郎と西田敏行は尊敬しているが、佐藤B作はそれほどでもない。

所ジョージはいいけど、蛭子能収はイヤ。



ああ疲れた。
最後の方はかなりテキトーになってしまいました。
だって質問多いんだもん。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

neconeconecorann

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 04:49:45

グッ!!!わははははは******
こんなに長いの初めてだっち!!(違うかな??言い方???)

nayo

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 18:34:23

すごいリサーチしまくりましたね!
私実はラジウム卵の名産地出身なの。
普通に温泉卵とも言いますけどねー。
でも普通にラジウム卵屋さんにラジウム卵屋さんがあったけど、実は普通じゃないかも!?

まと

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 23:22:11

>neco
たぶん「こんななげの初めてだばい」とかではないかと。
方言て難しいなぁ。

まと

URL | [ 編集 ] 2006/02/21(火) 23:30:02

>nayo
ラジウム玉子屋さん?単独?渋い!
でも、温泉街ってそういうものなのかな。
昔よく行った草津の温泉街でも湯の花(?バスクリンみたいなの)しか売っていない店とかあったし。

mymai

URL | [ 編集 ] 2006/02/22(水) 01:04:56

学校で席が隣だったら毎日宿題見せてもらえた!?

たかこ

URL | [ 編集 ] 2006/02/22(水) 01:18:16

ぶーちゃんとあーさーの写真のせてよぅ。

まと

URL | [ 編集 ] 2006/02/22(水) 23:44:14

>mymai
見せてもいいけど、答えの精度は保証しないよ。っていう感じでしょうか。

まと

URL | [ 編集 ] 2006/02/22(水) 23:46:58

>たかこ
載せました。

kayo

URL | [ 編集 ] 2006/02/26(日) 00:58:51

レス、遅れました。
すんまそん。
お勉強してくれてありがとう。
この上なく嬉しく存じます。
さすが博士、万人の期待を裏切りません。
今後もふぐすまRM2名に囲まれて、
ふぐすま知識を蓄えていってくださいねっ。

まと

URL | [ 編集 ] 2006/02/26(日) 22:48:41

>kayo
なんの自慢にもならず、役にも立ちそうもない知識ですけどね。











管理者にだけ表示を許可する
http://ytkmatt.blog24.fc2.com/tb.php/119-0a8354c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。