スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Yellowstone & Grand Teton National Park Travel

カテゴリー: Travel

WyomingにあるYellowstone National ParkGrand Teton National Parkに行ってきました。


一日目。

移動で終了。
ちなみにWyomingへはDenverで一旦乗り換えてJackson Holeという空港から入りました。
この空港は建物がほったて小屋くらいのモノしか無いのですが、空港の背後に控えるティトン山脈がただものではありません。いきなりここでド肝を抜かれました。

その後空港でレンタカーを借りて約40分のドライブでTeton VillageというところにあるHotel Terra Jackson Holeへ。ここで五日間お世話になりました。
少しYellowstoneからは遠いのですが、施設は綺麗だしスタッフも親切でとてもいいホテルでした。

100614_204153.jpg 100614_192727.jpg 100614_205751.jpg  



二日目。

とりあえずホテルから比較的近く、Grand Teton National Park内にあるJenny LakeJackson Lakeへ足を運びました。
正直、この二つの湖とティトン山脈の山並みを見られただけでこの旅行に行って良かったと思いました。すごい景色です。人の小ささというか自然の大きさを痛感しました。

100615_150603.jpg 100615_155532.jpg

帰り道ではバッファローに遭遇しました。顔はデカいし体が汚れていて、なんだかワイルド。

100615_170100.jpg

この日の夕食はバッファローのようにワイルドになれるように(ウソ)、バッファロー肉にしました。
煮込んであったせいか、すごく柔らかくてクセもなく食べやすかったです。

100615_212053.jpg


ちなみにこんな景色を横目に毎日車を飛ばします。

100615_112905.jpg100615_112912.jpg100615_112919.jpg


三日目。

この日はいよいよYellowstone National Parkに突入。
Yellowstoneは主にGeyser Country、Mammoth Country、Roosevelt Country、Canyon Country、Lake Countryの5つのエリアに分かれるとされています。

まず南西部にある間欠泉が集まったエリア、Geyser Countryに向かいました。
実は自分がこの旅行で一番楽しみにしていたOld Faithfulという間欠泉がこのGeyser Countryにあったのです。そんなわけで内心かなりワクワクしていました。

しかしこの日のOld Faithfulは調子が悪かったのか自分の期待が大きすぎたのかわかりませんが、なんかチョロっとしか水蒸気を吹き上げてくれなかったのでした。話では見上げるくらい高く吹き上がるということだったのに・・・。

100616_150120.jpg 100616_144628.jpg 100616_151000.jpg 

しょぼガイザーに愛想を尽かし周辺にあるプールを見てまわるも、天気が悪く寒さに耐えきれず車に避難。
結局その後東部にあるCanyon Countryに向かいましたが、道路工事等で道が渋滞していたため予想以上に到着が遅くなったため特に何も見ずに帰路につきました。
そして更に雪まで降りだす始末。

そんな外れの日でしたが、帰りにエルクの群れが姿を見せて励ましてくれました。

100616_202756.jpg



四日目。

雪の予報の中、北西部にあるMammoth Countryまで強行軍。
ここはホテルからちょっと離れているので、途中で雪が強くなって立ち往生したらどうしようかとかなり及び腰でした。

100617_165546.jpg 100617_165316.jpg

しかし予報通り雪がちらついたりにわか雨が降り出したりはありましたが、恐れていたほどひどい天気ではなく観光を継続できました。

Mammoth Countryの中心、Mammoth Hotspringsは温泉と流れ出る石灰成分で形成された段々のテラスが見所です。
テラスをひと通り見た後ここから南東部にあるLake Countryまで移動し、Yellowstone Lake湖畔にあるLake Hotelで夕食を摂りました。

100617_205211.jpg

と、食事を終えて気づいたときにはすでに8時半すぎ。ここからホテルまでは車で飛ばして約2時間半・・・。

なんとかなるだろうと思いきや、日が落ちてしまった後は真っ暗になってしまいました。主要道路はところどころ街灯があったり他に車が走っていたりするのでまだいいのですが、途中から街灯も周りの車も全くなくなってしまいました。
車のヘッドライトが照らす道だけを頼りに、道路脇からいつ出てきてもおかしくない野生動物に注意を払い、それでものんびり運転していたらいつホテルに着くのかわからないため出来る限りスピードは出し・・・。

神経をすり減らしながら運転し、ようやくホテルに辿り着いたのは11時を過ぎた頃でした。


ここまでの闇の中、まさに漆黒の闇の中を運転したのはこれまでの人生にないかもしれません。
もしあの闇の中でGPSが壊れたら、車のヘッドライトが点かなかったら、車が動かなくなったら、一人ぼっちだったら・・・。
ここでも自分の無力さを感じずにはいられませんでした。



五日目(最終日)。

早いもので最終日です。
早起きしてJenny Lake、Oxbow Bend、Antelope Flats Roadといった(比較的)近場のスポットを巡りました。

Jenny Lakeは相変わらず優雅です。湖畔のキャンプ場がいつも満員なのにも納得。

100618_074404.jpg 

Oxbow Bendは川と森と山の配置が絶妙。
水が豊富なので動物も多く見かけられました。

100618_083744.jpg

Antelope Flats Roadではたくさんのバッファローに遭遇。もう一生分のバッファローを見た気がします。
草原に佇む廃屋の周りを我物顔でバッファローが通り過ぎます。
ここでは人間は脇役でしか無いんですね。

100618_092104.jpg  100618_092136.jpg



こうして全1500kmを走行したGrand Teton & Yellowstoneの旅を終え、午後にはWyomingを発ちNYに向かいました。



Grand Tetonではその雄大な景色に魅了され、Yellowstoneではエリアによって異なった特徴的な自然の営みを見ることができました。

今回国立公園というものを訪れたのは初めてだったのですが、全体的にきちんと整備、管理されていたことに驚きました。
アメリカにはまだまだ素晴らしい国立公園があるので、他の公園も巡ってみたいと思います。
スポンサーサイト

Samurai Parade

カテゴリー: Days

 今年もCentral Parkで行われたJapan Dayにボランティアとして参加してきました。
と言っても今回はサムライ

今年は徳川幕府が派遣した侍使節団が1860年6月16日にNYのBroadwayをパレードしてから150周年ということで、それを記念しJapan DayでSamurai Paradeを再現したのでした。


さて、当日は11時からのパレードのために7時に近くの学校に集合。
7時から10時までが着付け等に割り当てられていたのですが、着付けを手伝ってくれたボランティアの方々のおかげで30分ほどで終わってしまいました。

衣装を身につけた後はトイレに行けないので水分は摂れないし、空調が殆ど効いていない地下の小さな体育館で3時間以上時間を潰すのはまさに忍耐が必要で、サムライとしての真価が問われているかのようでした。

そして当初は雨の予報だったのですが、幸か不幸か太陽が顔を出し気温もうなぎ登り。待ち時間ですでに疲れ果てているところにこの天気は泣きっ面に蜂でした。

実際のパレードの方は、予想していたよりも観客が多くてびっくりしました。NHKのカメラも入っていたようで、同僚が少しビデオに映っていてちょっと羨ましかった・・・。
沢山の人に見守られて侍として歩くのは誇らしいような、どこか気恥ずかしいような。


100607_204330.jpg


 100606_112319.jpg 

100606_112350.jpg 


早朝から駆り出され、水も食事もろくに摂れず、暑さと疲労でボロボロになりましたが、日本から遠く離れたアメリカで日本でもしたことの無い侍の格好をしてパレードに参加出来たのはとても貴重な体験でした。

Droid

カテゴリー: Computer

そんなわけで、iPhoneを卒業してMotorola Droid を手に入れました。

ホントはHTC Droid Incredibleが欲しかったんですけど在庫切れで手に入らないということと、その他もろもろの理由から本家を。
ちょっと古いけど、Android OS 2.1だしHTCのデバイスみたいにSense UIが入っていないのでシンプルで気に入ってます。

ただOS2.1とは言え、Nexus Oneと違ってホーム画面が3枚しかなくちょっと不便なので、さっそくADW.Launcherでホーム画面を7枚にして、Froyo風のドックを作ってみました。
このカスタマイズ性がAndroidの真骨頂であり、自分が求めていた部分でもあります。

ホーム画面変更アプリはこのADW.LauncherLauncherProHelix LauncherHome++を試してみましたが、ADWが一番安定していて更新も多く、気に入っています。


iPhoneから移行するにあたって一番の懸念だったカレンダーとToDo Listですが、JorteというカレンダーアプリとGot To DoというTo Doアプリをそれぞれ使い、それに同期させる形でPure Calendar Widgetに両方のデータを表示させています。
Android版のPocket Informantが出るまでは当分これで行こうかと。


しかしこのWidgetがほんとに便利で、いちいちアプリを開かなくてもホーム画面上で情報を見たり操作をしたりすることができます。

自分はこのカレンダーのWidgetの他にボリューム管理用のVolume Widgetとシステム設定用のSwitchPro Widget、Twitter、FB、メールの新着情報をまとめて表示できるPure Messenger Widget、それから天気と時間を表示できるBeautiful Widgets Homeを使っています。

IMEは今現在Simejiを使っています。OpenWnnの方がキーは打ちやすい気がするけど、変換がイマイチ。双方とももう少しブラッシュアップしてもらいたいです。

その他はこんな感じです。

Droidを使い始めて約10日程経ちました。
その間に見つかったたった一つの問題は、キャリアの回線の関係でテキスト(ショートメールサービスみたいなの)に日本語が使えなくなってしまった、ということくらいで概ね満足です。


実はいざという時のためにiPhoneを取っておいたんですが、もう処分してしまっても問題ないようです。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。