スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Geeky Talk

カテゴリー: Computer

NYに来てからずっと使っていたPCが頻繁に落ちるようになってしまったので、ついに新しいPCを買うことにしました。
まぁ普段のメールチェックやネットはLenovoのネットブックを使っているし、バックアップも外付けHDDにとってあるので緊急ということではなかったのですが、なんだか気分悪かったので。

PCを買うといってもモニタやドライブその他問題なく使える部品もあることだし、自分もIT業界で働く人間なので、ここはひとつ出来合いのPCを買うのではなく自作してみることに。

「安さ重視」で検討に検討を重ねた結果、以下のような構成になりました。

CPU: Intel Pentium E5200 Wolfdale 2.5GHz
RAM: G.SKILL 4GB (2 x 2GB) 240-Pin SDRAM DDR2
HDD: SAMSUNG HD502HI 500GB
Power Supply: Rosewill Stallion Series RD450-2-SB 450W
Optical Drive:
Pioneer DVR-A09
Motherboard:
GIGABYTE GA-G31M-ES2L Micro ATX
Case:
Rosewill R5604-TBK 0.8mm Dual 120mm Fans ATX Mid Tower
Monitor:
SAMSUNG SyncMaster 2253BW

ちなみに新しく購入した部品は全部で$299でした。


さて、いよいよ組み立て。
説明書がまったく親切じゃなかった(説明書とは言えないレベル)のでMotherboardとケースのフロントパネルの配線に少し手間取りましたが、その他は特に問題なく終了。
電源投入してBIOSの設定、OSのインストール(HDDのフォーマット含む)も無事終わりWindowsが起ちあがりました。
自作というと大仰な感じですが、少し面倒なのは最初にどのパーツが必要なのかを見極める(パーツ同士の相性や対応状況もあるので)部分だけで、実際に組み上げるのは小中学生でもできますね。


あまりお金をかけずにそれなりに早いWindows PCが出来上がって大満足なんですが、ひとつだけ気になるのはケースだかCPUクーラーだかのファン音がちょっとでかいこと。
安いパーツで組んでいるので仕方ないですが、これはもう少し静かなパーツに取り換えるかも知れません。

あとはWIndows7が出たらアップグレードするくらいで、それ以外はしばらく快適に使えそうです。
スポンサーサイト

実は

カテゴリー: Days

一ヶ月以上もブログをアップしていなかったんですが、実はケガしてまして。

先月の中頃にテニスをしていたら右手首に違和感が出て、でもそのまま練習し続けていたら激痛に変わり、右手の小指側から手首にかけて赤くなり結構な腫れが出ました。

ネットでいろいろ調べたところ、どうやらTFCC損傷というケガらしいです。
まぁ細かいことは置いておいて、とりあえず4~6週間、手首を固定して安静にしておかないといけないとのことで、現在だいたい3週間くらいたったところです。

最初の頃に比べると、ある特定の方向かつ角度に手首を曲げない限り痛みは出ないようにはなってきました。
でも慢性化するとイヤなのでしっかり治そうと思っています。

とはいえ右手首が使えないほとんどのスポーツは無理だし、書くことが出来ないので勉強も集中できない。もちろんパソコンもやりにくいし、写真を撮ることもできず・・・。

ちなみに仕事中はWrist Widgetというこのケガ専用のサポーター(?)を着けています。
小さいので邪魔にならずいいのですが、結構な値段でびっくりです。リストバンドを二股に裂いただけみたいなのに。

まぁでもケガしたのは自分のせいなので金払いましたけど。おとなしくしてるしかないですけど。


ていうか病院行けよって話ですけどね。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。