スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

調子に乗ってきた

カテゴリー: Cat

あんじがうちに来て2週間になります。

IMG_0454.jpg


最初は廊下の奥が怖くて行けなかったあんじですが、最近はキッチンでご飯を食べられるようになりました。
トイレはまだ廊下の中ほどに置いてありますが、たぶんバスに置いても大丈夫になっているはず。

かなり慣れてきました。
その分調子に乗ってソファで爪研ぎをしたり部屋をかけずり回ったり、夜中におもちゃのねずみを追いかけ回したりするようになってきました。

それから、やはり窓の外を見たいようで、シンクからジャンプしてキッチンの窓から外を見ている時もあります。
キッチンでやられるのは困るので、リビングの窓に上れるようにこんなのを買ってきてあげようかと思います。


あんじは前の家でそれなりに厳しく躾けられたのか、ソファやベッドにほとんど上ってきません。
それはそれでいいんですが、スキンシップを図る時はいつも床に座ってあげる必要があります。

そんなわけで、膝に乗ってきたりなどはまったくせず。
抱くと嫌がります。・・・変な意味じゃなく。

ちょっと寂しいです。



でもまぁ、名前を呼ぶと「にゃっ・・・」と返事したり(名前じゃなくても鳴くけど)、体をすり寄せてきたり(静電気がすごいけど)、自分が行こうとするところに先回りしてアテンションを求めたり(時々気づかずに蹴ったりしてるけど)と、とってもかわいいやつです。

IMG_0460.jpg
スポンサーサイト

いい加減慣れるべきなのか

カテゴリー: Days

数日前からネットの調子が悪く、インターネットに全く繋げなかったり、繋げても鬼のように遅いという状況でした。

うちはテレビも電話もネットもすべてTime Warner Cableなのですが、ケーブルテレビだけは何の問題もありませんでした。
電話もしばらくしたら使えるようになったのですが、ネットだけはいつまで経っても繋がらず。


会社でISPのサイトを見ても自分の家付近のネットワークトラブルは報告されておらず、仕方なくカスタマサポートに電話したのでした。

しばらく待つと感じの悪い女の人が応答してくれたのですが、嫌がらせかっていうくらい早口でまくし立ててきてかなりイラっとしました。
困っているから相談するために電話しているのに、そんな応対されたら相談も不満になってしまって自分もイヤな思いするだけなのに。

まぁともあれ状況を説明すると、バイトの学生さんみたいな人に電話を回されました。
彼はとりあえず感じは悪くなかったですが、モデムの電源切ってください、PCの電源を入れ直してください、とかもう5万回くらい試したことを再度やらされるだけでした。
たぶんマニュアルにそってサポートしているんでしょうが・・・。

とあるサイトでネットの接続スピードを測るように言われ、計測された数値を報告すると「これはすごい遅いです」って。
だから電話してるんですけど。

結局彼では原因がつかめず、ちゃんとした技術者の人に電話を回してくれることになりました。

技術者の人もまず最初にさっきとは別のサイトでスピードを測るように言ってきました。
ちょっとだけ値が良くなってましたが、それでも全然遅いまま。

で、その技術者の彼が下した結論は、「エンジニアの出張を手配します」

なんじゃそりゃ。
あんた学生さんと同じことしかしてないよ。
エンジニアの手配をするのが仕事なのか?

まぁ家周りのケーブルに問題があるとすると手配師の彼にもどうしようもないでしょうから、仕方なく手配してくれるのを待ちました。

すると手配師が「あ、なるほど」と何かに気づいてほざいたのが「君の家の地域で回線に問題が発生していて、すでにエンジニアが作業しているよ。遅いのはそのせいだね」

なんじゃそりゃ。
なんでこの段階になるまでその情報に気づかないわけ?

ウェブのネットワークステータスのページには何も書いてなかったし、電話の自動応答の時にも何も言っていなかったけど、というとアップデートされていなんだろう、とのこと。


すっごい親切。

一応お礼を言って(何に?)電話を切ると、一時間強が過ぎていました・・・。


次回同じようなことが起きたら、まず最初にネットワークのステータスを確認してもらうことにします。

廊下の奥が・・・

カテゴリー: Cat

あんじと暮らし初めて5日経ちました。

最初はトイレにも行かず、ご飯もほとんど食べずにいたあんじですが、昨日辺りからずいぶん落ち着いてきました。
ご飯を多少食べるようになり、それに伴いトイレにも行くようになりました。
でもフェンダーさんの食欲と比べると微々たるもので、今更ですがフェンダーさんの偉大さが分かりました。


ということで、あんじもうちの環境に慣れてきたようです。
ただ、来たときからずっとなんですが、廊下の奥が気になるようで、よくじぃっっっっと見つめているのです。
そしてその廊下に近づこうとしないんです。

リビングからキッチン、キッチンからバスへ廊下が延びているのですが、確かに自分もこの部屋に越してきた当初はイヤな感じがしてはいたのですが・・・。
動物は人には見えないものも見えるっていうし、ひょっとして何かいるんでしょうか。


<"I see dead people...">


まぁいてもいいけど。


本当はバスにあんじのトイレを置いて、キッチンにはご飯セットを置く予定だったのですが、予定変更。
まずリビングで慣らして、徐々に場所を移動していって最終的にバスとキッチンに設置するという長期プロジェクトにします。

IMG_0375a.jpg


Welcome to your new home

カテゴリー: Cat

友達のうちまでAngieを引き取りに行ってきました。

バッグに入れられたAngieのそばを離れようとしない遊び友達のNeoを見て、一緒に引き取ってあげたい衝動に駆られましたが、心を鬼にしてさよならしてきました。

名前を何にするのか聞かれ、当然そのままAngieで行くよ、と言ったのですが、少し日本風に「あんじ」にすることにしました。(英語表記は当然Angie)
同じ名前の女優さんがいるみたいですが、関係ないです。


うちに到着してバッグを開けて様子を見ていると、恐る恐る様子をうかがいながら部屋に出てきて、
へっぴり腰でリビングからキッチン、バスまで調べ終わると少し落ち着いたのか自分に寄ってきました。

080308_201303.jpg


しばらく遊んでいると、ベッドに飛び乗ったあんじが毛布に気付きました。
この毛布は触り心地がすごく気持ちいいので、ねこは絶対フミフミするだろうな、と思っていたのですが、やはり早速フミフミを始めるあんじ。



まったりしたのか、そのままベッドで寝てしまいました。


新しい家に行ったねこは馴染むのに時間がかかるという話を聞いていたし、前の飼い主も当分バッグから出てこないかも、と言っていたのでちょっと拍子抜けでした。



が、ちょっと買い物をしに外に出て帰ってくるとあんじの姿がなくなっていました。

部屋を探し回った結果、ソファの下に隠れていました。
どうやら誰もいない部屋は苦手の様子。
そして上の階の音や遠くから聞こえる電車の音があんじも気になるようで、ビクビクしてました。


多少不安はまだありますが、うまくやっていけるようにがんばります。

決めた

カテゴリー: Days

ねこのアダプトの件ですが、いろいろな人から意見をもらって考えた結果、友達からAngieを引き取ることに決めました。

本来であればじっくり時間をかけて選ぶのがいいのですが、友達のねこは引き取ってあげないとシェルターに行くことになってしまうので・・・。
そもそもねこを飼おうと思ったのは、シェルターに入れられたり野良で引き取り手がないねこを助けたかったからなので、ここで引き取らないのも本末転倒というか。

まぁ別にそれだけが理由ではなく、Angieには初見でピンと来るものがあったので。
希望の年齢より上だったのでちょっとネガティブイメージでしたが。
前の家にいたアーサーさんに雰囲気(見た目ではなく)が似ているからか、どことなく親しみが持てます。

少しシャイみたいなので時間はかかるかも知れませんが、ゆっくり関係を築いていければと思ってます。


時間があれば今週末に引き取りに行く予定です。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。