スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Canoe Trip 2007

カテゴリー: Sports

今年もPennsylvaniaのMarshalls Creekにカヌーに行ってきました。

残念なことに朝から曇り空で、目的地であるDelaware Riverに着いたときには雨が降り始めていました。

とりあえずBBQをしながら雨が止むのを待つことになり、川沿いのSmithfield Beachというところに移動しました。
ここはいろいろなアクティビティの発着場でもあるのですが、テーブルなどが配置されていたり芝の広場があったりときれいに管理されているのでなかなか便利です。

雨が降ったり止んだりを繰り返す中、肉メインで食いまくりました。
脂肪過多ぎみなのでホントはあまり食べないようにしようと思っていたのですが、自然の中ではそんな脂肪がどうとか関係ありません。
遭難したら頼れるのは自分のみ、ということで最後まで焼き網の前に座ってました。

さて、出発最終時刻の3時に近づくにつれ晴れ間が指すようになり、カヌートリップを決行することにしました。

今回は時間的な問題もあって、出発地点がSmithfield Beachからという一番短いコースを選択。
前回はSmithfield Beachが終了地点だったので、更に下流に漕ぎ進むことになります。


07292007_017.jpg


下流ということで当然流れも前回に比べて更に穏やかで、カヌーの操船に慣れてきていた自分にとって多少の物足りなさはありました。
それから、上流に比べて川の水がかなり濁っていました。
明らかに生活排水による汚染で、終盤は水面に妙な泡がたくさん浮いていて悲しくなりました。


とは言えやはり自然の中に放り出されると自分の小ささというか自然の大きさを感じられ、心が洗われます。
視界に見える範囲に自分たち以外の人が誰もいないような状況は、都会で暮らしていたらめったにありません。


07292007_030.jpg


今回は約3時間の川下りでしたが、途中で中洲の島に上陸して遊んだりもできて楽しかったです。

そしてなによりも去年のような恥ずかしい日焼け(ハーフパンツを履いていて、足に日焼け止めを塗っていなかったので膝上から足先まで真っ赤に日焼けしてしまった。ちなみに未だにその跡が残っている)をせずに終えられたのが最大の収穫でした。


次回こそはラフティングかカヤックに挑戦したいと思います。
スポンサーサイト

最近のこと

カテゴリー: Days

何日か前にハリーポッターシリーズの最終巻だかなんだかが発売されました。

翌日電車に乗ってドアに寄りかかっていたら、途中で混んできて左右と正面を乗客に囲まれました。
するとその3人が3人ともハリーポッター最終巻(ハードカバー)をおもむろに読み始めたのです。

地味なびっくりカメラかなと思って平静を装っていましたが、しかし実際みんなハリポタ大好きなんですね。
電車に乗ると、必ず車両に一人はハリポタ読んでる人がいます。

自分は留学したてのころに一巻を買って読み始めましたが、固有名詞(人の名前とか場所の名前とか)が頭に入らず、しかも辞書と首っ引きで読まなければならなかったので挫折しました。
今なら少しはマシかも知れないので機会があれば読んでみようと思ってはいますが。

---

昨日はBallet National De MarseillesMetropolis IILincoln Centerで観てきました。
カンパニーの名前を見てバレエかなと勝手に思っていたらコンテンポラリでした。

大人数でのダンスはなかなか見応えがあったのですが、時々すごく退屈な場面があって少し居眠りしていまいました。

このカンパニーには日本人が3人所属しているのもあって日本びいきなのかも知れませんが、作品中に日本のテレビや映画などをフィーチャーしたビデオが映し出されたりして微妙な感じでした。
作品自体は「都市」を題材にしたものみたいなので、まぁ渋谷や新宿の街並みの映像はまだ分かるとしても、なぜルパン三世の音声が流れたり、天気予報やアイドルの歌番組が映し出されたりするのかは謎すぎてついて行けませんでした。

とはいえ、バイオリンの生演奏と合わせて踊ったり(もちろん即興ではないけど)、ダンスを舞台袖から撮影したものを後ろのスクリーンに現在進行形で(?)映したり、あとπ(パイ。念のため)をさらけ出したり(眼鏡かけてたのによく見えなかった・・・)と素人的には目を引かれるものはあったので楽しめました。

---

ジム通いはそれなりに順調です。

少し前に不摂生していたのに加えてジムにも通っていなかった影響で醜い体に拍車がかかっています。
ちょっと気合い入れて脂肪減らさないと。

今はプールでの泳ぎメイン。筋トレも無し。
スイムでコアとインナーマッスルを鍛えて、トレッドミルとバイクで脂肪燃焼および心肺機能アップをねらっています。

そんなわけでジムでのクライミングもしばらく封印。

ちょっと思うところあって、それに向けて実際に自分ができるのか調査の意味もあります。でもこれはまだ内緒。

---

天井?
まだ直ってません。
一応ヒビの状況を見に来させ、家のオーナーに連絡すると約束させたのですが、まぁどうせ何もしていないでしょう。
一週間待ってあげたので、今日からガンガンプッシュして行こうと思っています。

またしょうもない言い訳をくり出してくることでしょうが・・・。

雨漏り、爆発、そしてバカ

カテゴリー: Days

昨日は朝からあいにくの荒れ模様。
雨はバシバシとA/Cやベランダをたたくし、雷は近くに落ちているようでものすごい音が辺りに響き渡るしで寝ていられないほどでした。

仕方なく起きてPCでメールチェックをしていると、キーボードが何故か濡れているのです。

まさか、と思って天井を見ると、ヒビが・・・。
そしてそこから水が漏れてきているじゃないですか。


DSC_0092.jpg


このヒビ自体は50cmくらいのものですが、別の場所に入っているヒビと繋がっています。
ヒビの全長は2mくらい。
雨漏りだけでなく場合によっては天井が落ちてきそうな勢いなので、一階に住んでいる大家に文句言いに行きました。

・・・居ませんでした。

携帯に電話してみました。

・・・出ませんでした。
仕方なくメッセージを残してから仕事に向かいました。

雨漏りの箇所にはセオリー通り、バケツを置いておきましたよ。


大家からの電話の代わりに、夕方にRMからGrand Central駅が爆発したとの電話がありました。
んなアホな、と思ってネットをみてみると、すごい煙が地面から上がっている写真がアップされていました。
どうやら爆発の原因は1924年だかに設置されたパイプが破裂して、そこに雨水が流れ込んで水蒸気爆発が起きたとか。
1924年て80年以上前ですよ。
去年の停電に加えて今回の爆発。
そんな脆弱なインフラの上で生活しているのかと思うと、不安になります。


さて、家に帰ってみると天井の雨漏りは止まっていました。
別に大家が屋根を修理したからではなく、ただ雨が止んだから。

大家に電話してみると、朝に残したメッセージはまだ聞いていなかったとほざき、今忙しいから明日の朝にでも話そう、家にいるから、と。

指定された朝9時に一階に行ってみると鍵がかかっていて誰もいない様子。
大家に電話してみると、まだ出先にいるけど11時には戻るから二階の鍵を入り口のヒーターの下に隠しておいてくれ、そうしたら君がいなくても部屋のヒビの具合をみられるから、と。

ムカっときたものの、彼が最高にテキトーな人間なのは知っていたので諦めました。
念のため鍵を封筒に入れて封をしてヒーターの下に置いて仕事に出ました。

んで仕事から帰ってきたらまだその封筒がそのままその場所にあるじゃねぇかコノヤロウ!

ヤツに電話したところ、ヘラヘラと「鍵置いていかなかっただろう?封筒に入れた?だから分からなかったんだな」だって。
真性のバカだ。

この瞬間、本気でこの家から出て行く決心がつきました。
良い物件見つけ次第引っ越します。

その前に、天井は速攻直させるけど。

新しいラーメン屋さん

カテゴリー: Days

せたが屋(141 1st Ave, New York, NY 10009)というラーメン屋さんがManhattanにできまして、遅ればせながら行って参りました。

日本で有名みたいですが、残念ながら自分はあまり知りませんでした。
そんなわけでネットで情報収集をした結果、Manhattan店で行列ができて20分待ちだったとか、夜に行ったら売り切れで食べられなかったという体験談があり、それはさぞかしおいしいんだろうと頭の中で想像を膨らましていたのでした。

幸運なことに今日自分らが行ったときはほとんど待たずに席に着くことができました。
(直後から行列が出来始めましたが。)
塩ラーメンがおすすめというような情報を読んでいたので塩系を頼もうとしたら全部塩でした。
とりあえず一番シンプルなの(塩ラーメン)を注文。

しかし、実はこの時点でお腹は全然減っていなかったのでした。
なぜなら、二時間ほど前に遅い昼ご飯を食べたばかりだったから。
我慢して軽いもので済ませようと思ったのですが、Cafe Cafe (470 Broome St, New York, NY 10013) のChicken cutlet & Avocado Sandwichの誘惑には勝てず・・・。
店員の態度が悪くてムカつくけど、つい足を運んでしまうのです。

そんな状況で食べたせたが屋の塩ラーメンは期待に添うほどではなく。
スープはそれなりに好きでしたが、自分にとっては麺が少し柔らかすぎな気がしました。

とは言え、普通においしかったですよ。
期待しすぎていたのとお腹が空いていなかったのとで手放しで絶賛はしていませんが。

もう一度、お腹が空いているときに行ってみたいと思います。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。