スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Road Test

カテゴリー: Days

今日は会社を休んでNew Rochelleという街に行ってきました。
Metro NorthでManhattanから約30分のこの街で、自動車の運転免許の実技試験が行われるのです。

実技試験を受けるには自分で車を用意しなければならず、特にあてのない自分は講習を受けた自動車学校にお願いして用意してもらいました。

11時半に自動車学校の担当の人と待ち合わせ。
実技試験会場付近を軽く流して注意事項などを教えてもらい、その後一時間ほど運転の練習をさせてもらいました。
日本で10年近く運転歴があるものの、やはりアメリカでは微妙に規則が違ったりするので心配でしたが、案の定いくつか問題点を指摘されてしまいました。

正直なところ、筆記試験は合格しましたが過去問(というか予想問題?)を暗記しただけで、NY州の交通法規なんて目を通してすらいないのです。
とはいえここまで来たらもうどうしようもないけど。


試験会場に行くと、すでに二台の車が試験の順番待ちをしていました。
そして予定時間の1時前に試験官が登場。
黒人女性と白人女性の二人です。

白人女性が一台目に乗り込み、黒人女性が二台目に乗り込みました。
自分は三台目なのでこの順番だと白人女性だ、と思いホッとしました。
というのは、黒人女性の試験官は厳しい人が多く、難癖をつけまくって落とすらしいのです。
逆に、誰でも合格させてしまう白人男性の試験官もいるらしいですが。


と、10分もしないうちに車が帰ってきました。
黒人試験官の方が。
そして、当然自分の車に乗り込んできました。
黒人試験官が。

チェンジとかできそうもないので、半ばヤケで「今日は暑いね~」とフレンドリー作戦を敢行してみたところ、「ホントだね。でもこの辺はまだ雪が残っているところがあるんだからおかしなもんだよ。あっはっはっはっは。」と。

なんだかいい人っぽい。

試験が始まってからも、「次右ね、Thank you。」と指示の後に必ずThank youが付いてくるし、課題をこなすたびに「いいねぇ~」とか言ってくれるし。

どうやらこの試験官は厳しい人ではなかったらしく、実際試験も数回右折と左折をして人通りのない道に入ってDouble Park、Parallel Park、そしてすぐにThree-Point Turnで向きを変えて、今来た道を戻って終了、という簡単なものでした。

だからこの試験官の乗っていた車の方が早く帰ってきたわけですね。


結果は合格でした。
後ろに下がるときにしっかり後方確認ができていないという点がマイナスでしたが、それ以外は問題なし。
出発の時にウィンカーを出すのを忘れたのですが、それはサービスしてくれたのかも知れません。


そんなわけで、目標通り3月中に免許取得できました・・・。
スポンサーサイト

カテゴリー: Sports

久しぶりにクライミングに行ってきました。

MPHCにはそれなりにコンスタントに(サウナのために)通っていたのですが、クライミングの方はたぶん一ヶ月以上行っていなかったし、先日MPHCのジムでコンペがあったようで課題がすべて新しくなっていたので、V0も登れなくなっているんじゃないかと不安でした。
とはいえ所詮初心者レベルのお話ですから、実際やってみたらV0もV1も問題なく登れましたけど。
やっぱり新しい課題は楽しい。

でも、V2がどうしても落とせません。
V1までは握力が死んでいてもなんとかこなせるのですが、V2は自分にとっては別世界みたいなもので、全く歯が立ちません。
まぁ根本的に握力とムーヴの知識不足、つまり練習不足だから当然ですが。

もうちょっとがんばらないとね。

再スタート

カテゴリー: Days

3月です。

ずっと3月になるのを待っていたのですが、なってみたら普通の3月です。当たり前ですが。
とはいえ、2月はホントにウダウダしていたのでここは気持ちを切り替えて行こうかと思います。

Tax Returnも済ませたし、免許も講習受けてきたし、原因不明の咳もおさまってきたみたいだし、髪も染めてみたし、ちょっと色が落ちすぎて恥ずかしいし。

ともあれ、再スタートをきるのにちょうどいいかも知れません。
とりあえずそのために、買い物でもしてこようかと思ってます・・・。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。