スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

SD800 IS

カテゴリー: Computer

CIMG2301s.jpg


デジカメ買ってもた。

買ってもたっていうか、ここ数週間リサーチにリサーチを重ねていたので特に衝動買いというわけでもないのですが。

買ったのはCanon PowerShot SD800 IS
この機種は日本ではIXY Digital SD900 ISという名前で発売されていてなんだか混乱してしまいます。
ちなみにヨーロッパでの商品名はDigital IXUS 850 IS・・・。


 今まではCasioのExilim Z-30を使っていたのですが、大きさはほぼ変わりません。
むしろExilimの方が薄い。
しかし、すでに十分コンパクトなのでこのサイズで十分です。

この機種を選んだ理由は広角撮影と手ブレ補正機能。
他のメーカーのカメラでもそういった機能はついているものはあるのですが、総合的に見てCanonに軍配が上がりました。


ネットで議論されているように、Canonの使う広角レンズには決定的な問題がある(四隅がボケる)らしく、この機種も例外ではないようです。
しかしボケるといっても等倍で見ないと分からない程度で、自分にとっては何の問題もありません。

早速何枚か試し撮りしてみましたが、Z-30ではブレてしまうような状況でもきれいな写真が撮れました。
Z-30と使い勝手が違うので慣れるのに少し時間がかかりそうですが、動作はキビキビしているしかなり気に入りました。

写真を撮るのが楽しくなりそうです。

スポンサーサイト

感謝祭

カテゴリー: Days

CIMG2289s.jpg


23日はThanksgiving Holidayで仕事はお休み。
ということで、うちでRMと友達でこぢんまりとパーティをしました。

ハマグリ家伝統(?)の餅米をスタッフしたチキンの丸焼き、ローストビーフ、それからサラダなどをRMと友達が作ってくれました。

自分は大根おろし係として能力をいかんなく発揮しましたが、大根おろしの売れ行きは芳しくありませんでした。

ともあれ、おいしかったんでモリモリと食べてしまいました。
ごちそうさまです。

次の日は休みになる会社も存在する中、うちは通常通りとのことで出勤せねばならず、酒を浴びるようには飲めなかったのが残念でした。



さて、翌日は仕事の後に友達のうちにお呼ばれして鍋。


CIMG2293s.jpg


なんでも、水を一切使わない鍋で、野菜からの水分だけで煮るんだとか。
すごいこと考えるもんだ。

んで、お味の方はというとこれがさっぱりしていておいしかったです。
あとから白身魚の味噌焼きとかも出てきて、さらにもりもり食べてしまいました。
ごちそうさまでした。


そろそろ越冬の準備も万全になりつつあります。

Rain before seven, fine before eleven.

カテゴリー: Days

Pumaのジムバッグようやく届きました。


CIMG2286.jpg



アパート番号書いてないから配送できないとかUPSのバカタレが渋るもんだから到着まで余計に時間がかかってしまいまして。
ちょっと前に同じサイトで、同じアカウント使って、同じ住所に送ってもらった商品は何の問題もなく届いたんですけどね・・・。


さて、PumaのOriginals Reporter Bag。
思っていたよりも小さくて、なんだか幼稚園児のバッグみたいです。
でもまぁ作りはそれなりにしっかりしているようだし、小さいながらもたくさん入りそうなのでよさげです。

せっかくバッグは届いたのに、週末にしかジムに行けない日々はまだまだ続きそうですけど。

最近、ちょっと肥えてきました。
昼食にもあまり時間をかけられないので自分の席で仕事しながら詰め込むように食べることが多く、残業しているとお腹が空いてくるためスナックを食べてしまい、しかも運動する時間も減ってしまうという悪循環にはまっています。

って、時間がないというのは言い訳で、時間はあっても行動に移す気力が無いだけですかね。


それもまぁ、とりあえず良しとする方向で。

止まない雨は無い。

がんばらせる

カテゴリー: Days

ここのところホント疲れていてちょっとやる気をなくしかけてます。
いや、やることは一応ちゃんとやってますよ。
がんばってはいるんだけど、空回りしている感じ。

そこでご褒美で釣ってみることにしました。

とは言えあまり大きな出費はできないので結局ジムバッグに決定。
Puma Originals Reporter Bagっていうのを買いました。
茶色いの。

で、今日それが届く予定だったので、豪雨のなかワクワクしながら帰ったのです。

しかし、届いてませんでした。
もうがっかり。
明日は仕事に行く前にジムでひと汗かこうかと思っていましたが、そんな気力無くなりました。


バイオリズム激低下中みたいです。

ユニクロ

カテゴリー: Days

Uniqloに行ってきました。

でかい。

そのでかい店に客があふれかえっていました。
日本人(含むアジア系)はもちろん多かったのですが、それ以上にガイジンがたくさんいてびっくりしました。
何故か、特にヨーロッパ系の人が多かった気がします。
で、アフリカ系アメ人は少なかったです。
シンプルな服のラインが多いせいでしょうか。

あまりに混んでいたので、とりあえず一通りフロアを見て10分くらいで帰りました。
だってフィッティングルームとかものすごい順番待ちだし。
人が多すぎて歩けないし。

しばらくして落ち着いた頃にまた行って買い物したいと思います。

Criminal History Record Information Check & Drug Testing

カテゴリー: Days

ここのところ、プロジェクトっぽいものに巻き込まれることが多くてちょっと忙しい毎日です。

特に昨日、今日はチームのマネージャーが休みだったため彼のバックアップ的立場の自分に更に仕事が降りかかって来て、しかも緊急の用事ばかりやり残していくものだから、もうてんてこまいでした。

そんななか、今日は16:30からアポを入れてあったので否が応でも定時で仕事を終わらせなければならず、泣きたくなりました。

それでも昨日残業してそれなりにやるべきことは進めておいたので、なんとか仕事を終わらせて15分遅れで現地に到着しました。

ちなみにアポの目的は、簡単に言うと身元調査。
犯罪歴の有無や麻薬反応を専門の機関に行って調べてもらい、その結果を会社に提出しなければならないのです。
このテストを規定の日にちまでに受けないと解雇されてしまうので、是が非でも受けなければなりません。
しかも自分は今日を逃すと他の日に受ける余裕がないため大変なことになります。
特にCriminal History Record Information Checkの方。
そんなわけで、絶対に遅刻はしたくなかったのですが・・・。
テキトー社会のアメリカとは言え、他人の弱みには必要以上に厳しくつけ込んでくるので、遅刻は時には命取りになるのです。

無駄だろうとは思いつつ受付で必要以上にハァハァ言って、「急いで来たけど送れちゃいました」という演技をしてみたのですが、そんな演技は全然必要ありませんでした。

すんなり係の人に案内されて手の指紋採取して15分で終了。

あっけに取られているヒマもなく次のDrug Testへ。
検査機関自体は別々なのですが、隣接しているのではしごできるのです。
でも。
隣接しているはずなのに、住所がなかなか見つからない。
でも、次のDrug Testは予約制ではなく飛び込みOK、しかも18:00まで空いているってウェブに書いてあったので大丈夫。

しかし周辺を3往復ほどしてようやく見つけた入り口には「営業時間変更:平日17:30まで」とあるではないですか。
18:00まじゃないんかい。
まぁでもまだ17:15だからギリギリセーフだよね・・・と暇そうにしている受付のおっさんにDrug Testを受けたい旨伝えると、無情にも「明日来いや」との返事が返ってきました。
17:30まで空いてるけど、検査を受け付けるのは17:00までだって。
暇なんだったら一人くらい検査してくれや。

まぁ、Drug TestはCHRI Checkと違って土曜もやってるし、他の場所でも受けられるのでいいんですが。
CHRIの方を済ますことができただけでもラッキーかも。


そんなこんなでなんだか疲れてしまったのでUniqloのSoHo NY店のオープニングセールに行くつもりだったのですが急遽止めにしました。
混んでそうでイヤですけど、明日行ってきます。

NY City Marathon

カテゴリー: Sports


友達がNew York City Marathonを走るということで、応援に行ってきました。

NY生活も5年になりますが、実は一度もNew York City Marathonを走ったことはおろか、観戦したことも無かったのでした。
Bostonにいた時に一度だけBoston Marathonを観たことがあるのですが、ゴール直前のポイントにいたこともあってその人の多さに辟易してしまい、しかも地区が閉鎖されてしまっていて移動することもできずに面倒なことになってしまったことがあります。
その記憶があってか、無意識のうちにマラソン観戦を敬遠していたのかも知れません。


今回はUpper Eastの2カ所で応援しました。
最初のポイントに少し早く着いてしまい、近くのスタバのテラスで応援用のプラカードを書いたりして時間をつぶしたのですが、まぁとにかく寒い。
スタバのトイレも長打の列になっていました。



CIMG2272s.jpg

 

そうこうしているうちに車いすの参加者、女性選手、そして男性選手とランナーが増えてきました。


ちょうど自分たちが応援していた場所は登り坂を登り切ったところだったため、ランナー達は本当に苦しそうで、でも沿道の声援を受けて必死に走っていました。

肝心の友達の姿がなかなか現れず、ひょっとして見逃してしまったのか、それとも何かアクシデントでも・・・、と思っていたところに知った顔が走ってきました。
痛めている足の調子が良くないとのことでしたが、がんばっている彼に声援を送って、次のポイントに移動です。

が、その前にトイレ。

しかしそのトイレがくせ者で、なかなか見つからない。
その辺のコーヒーショップのトイレを利用しようとうろうろ歩き回るものの、神様がイヤガラセをしているかのようにショップが見あたらないのです。
やっとスタバを見つけてトイレの列に並んだものの、次のポイントに行く時間になってしまい泣く泣く断念、応援に向かいました。

そのおかげで(?)友達も目標タイムには届かなかったものの自己ベストのタイムで完走したとのこと。
応援の甲斐がありました。


来年は自分も参加できるようにがんばりたいですとかいう言葉で締めたいところですが、アキレス腱のこともあるので参加はないでしょう。

ということで来年は、もっと防寒対策をしっかりして応援に臨みたいです。


CIMG2276s.jpg
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。