スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

根っこ

カテゴリー: Days

せっかくの週末ですが、あいにくの雨。
なんだか気温も下がってきていて、どこか秋を思わせる気候です。

昼頃にジム(YMCAね)から帰ってきてシャワーを浴び、昼ご飯を食べていたら雨が強くなってきてしまったため、外出は取りやめにしました。

ホントはQueensはAstoriaにあるThe Rock Health & Fitness Clubの壁を見学に行こうと思っていたのですが。
とはいえここはクライミング専門ではなくて、いわゆるフィットネスジム。
しかもトップロープ用の壁があるだけでボルダリング用の壁はないのです。
とりあえずオートビレイの機械があるらしいので一人で行っても問題は無いようですが、なにしろトップロープも二本だかしかないようで、興味は薄れてしまいました。
もしAstoriaに引っ越したらクラブのメンバーになるのもいいかもと思っていますが、とりあえずクライミングをしにわざわざ行くところではないみたいです。

Manhattanのジムもいくつか良さげなところを調べたので、オンラインで買ったチョークバッグが届いたら早速行ってみようと思います。
って、チョークバッグだけあっても、チョークもチョークボールもなく、更にアホなことにベルトすら持っていないのに今更のように気づいたわけですが。
Paragon Sportsにあるかな・・・?



話は変わって。

雨の音を聞きながら、部屋で音楽聞いたり本読んだりしていたら、不意に不安感に襲われました。
漠然とした虚無感。

こういうときは根っこが欲しくなります。
どこかに所属している、一人でないという安心感というか。
今はフェンダーさんとアーサーさんがいないので、余計に寂しいのかも。
日本を離れてから感じるようになったこの感覚にもいい加減慣れてきましたけど。

ともあれ、きっと生活に余裕があるからつまらないことを考えるわけで、新しく一歩踏み出す時期が来ているってことでしょう。
まぁ、忙しければいいってワケじゃないですけどね・・・。

充実した生活っていったいどんなものなんだろう、とか今更ながら考えたりしてるんです。
スポンサーサイト

どりあんさんへ

カテゴリー: Computer

バトンがまわってきたんですけど、あまりに長いんで少しずつ進めていたらものすごい時間がかかってしまいました。

この苦労を次に味わうのは・・・どりあんさん。
よろしく。

●ルール●
1.回ってきた質問の最後に、"自分の考えた質問を足して"下さい(自分も回答すること)
2.終わったら必ず誰かにバトンタッチしてください
3.まとまりのないエンドレスバトンなので"どんな質問を加えてもOK"デス
4.バトンのタイトルを変えないこと!
5.ルールは必ず載せること!!


★回してくれた方の印象をどうぞ。
★周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
★自分の好きな人間性について5つ述べてください。
★自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
★自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
★宝くじで3億円当たったらどうする?
★どんな告白をされたらグッときますか?
★こんな人が理想!!
★異性のどんな仕草にグッとくる?
★自分を褒め称えてください。
★逆に誰かを罵ってください。
★人には理解出来ないんじゃないかっていうマニアックで地味な萌えポイントは?
★このバトンを回してくれた人を食べ物にたとえると?
★着てみたい、着たことあるコスプレ服は?
★最近ハマってる場所は?    
★今、何聴いてる?
★最近感動した出来事は?
★最近怖かった出来事は?   
★今行きたい場所は?   
★マイミクの皆さんにひとこと   
★ストレス解消法は?
★車に乗ってるとき、窓の外に走る忍者が見えますか?
★今どんなきぶん?   
★夏休みにしたいこと
★昔の自分は何系?(服装とか引きこもりとかヤンキーとか)
★ケータィの機種は??
★あなたにとって大事な人に一言(彼氏彼女居る人はその人にはその人に対して)
★今ハマッってるモノ    
★これがなきゃ生きていけないこと、もの、人は?
★今1番何したい?
★自分の夢は?
★自分の部屋の大きさは??    
★好きな歌手さんは?
★幸せを感じる瞬間はどんなとき?
★明日何したい?
★最近気になることは?
★小さいころからの癖は?
★自分の口癖は?
★今までで一番頑張ったことは?
★好きなガムの味は?
★今食べたいものは?
★ここまで答えるのに何分くらい掛かった?
★好きなスポーツは?(やるのでも見るのでも…)
★高校時代の一番の思い出は??
★あなたは今何を考えてますか?
★親友は何人いますか?
★今一番頑張ってることは?
★あなたにとってmixiとは?
★お疲れ様でした
★今見たい映画は?
★夏といえば…?
★オススメの曲は?新しくても、古くても~
★マイミク何人?
★出身地の名物or特産品は?
★寝る前にすることは?
★・・・幸せですか・・・?
★マクド行ったら何食べますか?
★雨の時なにする?
★部活やサークルは何してた?(何してる?)
★原因不明の青あざがある?
★最近ほしいモノは?
★これから何する?
★これから始めたいこと、マスターしたいこと、何かある?
★次に生まれ変わるとしたら、何になりたい?何がしたい?
★自分の身体の部位で一番お気に入りなのは?
★くだらない自慢して?
read more...

NJ Rock Gym

カテゴリー: Sports

二度目のクライミングです。

Central Parkの岩場を登る予定だったのですが、夕方から雨になるかも知れないという懸念から、New JerseyのFairfieldにあるNew Jersey Rock Gymに連れて行ってもらいました。

ここは室内に人工壁を設置したフリークライミング専用のジムです。


CIMG2143s.jpg


準備運動してまずはボルダリングを。
初めてクライミング用のシューズを履いた前回に比べるとかなり楽に動けるようになりました。

とはいえ、V0(一番簡単なレベル)の課題もひとつしか登れず・・・。
体の使い方が間違っているみたいです。

体の使い方が違う→無駄に筋力を使う→疲労する→登れない→ますます疲労する

という悪循環にまたまたはまりました。


そして今回はトップロープにもチャレンジ。
ロープで安全が確保されているとは言え、それなりの高さから落ちるのは気持ちいいものではありません。
また、ボルダリングよりも長い距離を登るためホールドが汗で滑ったり握力が落ちてきたりでヒヤヒヤものです。


CIMG2125s.jpg




なんとか初心者用課題をこなして休んでいたら、となりで5歳くらいの子供が登ってました。


CIMG2147s.jpg

 

・・・。



それはさておき。

クライミングって、端で見ているとそれほど強度が高くない運動のように思えますが、これが結構高いのです。
自分が素人だからというのもあると思いますが、一本登るだけで息が切れてしまうほど。

今回も数時間登っているだけで(しかもずっと登りっぱなしというわけでもないのに)、途中でエネルギー切れしてしまい、ショップで売っていたClif Barを買ってエネルギーを補給していたら友達に注意されました。

なぜなら、帰りにカニ食べ放題に行くから。
確かにClif Barでカニが食べられないのは悔しいので、半分だけにしておきました。

その後、別のルートに登ろうとしたのですがすでに握力が死んでいて仕方なく終戦をむかえました。



前回のGunksのように自然の生岩を登るのも楽しいですが、ジムの人工壁を登るのもまた違った雰囲気で楽しめました。
何よりクライミングがより身近に感じられたし。

ManhattanやQueensにもこういったクライミングのジムがあるようなので、行ってみようかと思っています。



さて、カニ。
車でNJ Rock Gymから10分くらいのところにあるMajestic  Restaurant & Buffet (29 route 23 South, Wayne, NJ, 973-785-3788)に急行しました。

いろいろな料理が食べられるビュッフェなワケですが、基本的に何を食べてもおいしいのです。
が、やはりカニ。
普段は野菜中心の生活であまり外食もしていないので、ここぞとばかりに詰め込んできました。
あれだけ食べて20ドルは安い。

楽しく運動して、おいしいもの食べて。
いい週末でした。

Paddle it hard

カテゴリー: Sports




Delaware Water Gapというところでカヌー初体験してきました。


CIMG2101s.jpg


カヌーどころか公園のボートすら漕いだことが無かったので多少不安だったのですが、乗ってみると結構安定していてなんとか無事に漕ぎ出すことができました。

とは言え、他のチームは出発前に転覆したり、川の中の岩に乗り上げて座礁したりと前途多難だったわけで、それに引きかえうちのチームは大したトラブルにも巻き込まれずのんびりクルーズを楽しんだのでした。

視界に入ってくる青い空、緑の森、その二つの色を反射する水面と、緩やかに流れる水の音はNYの喧噪を忘れさせてくれる力強い静けさでした。

と、優雅なことをいっている余裕が無いくらい流れが穏やかで、漕がないと止まってしまう場合もしばしば。

時折出てくる流れのはやい場所も、よほど変な操船をしなければ危険は皆無といっていいくらい。


CIMG2087s.jpg


出発から1時間半ほどのところで岸に上がってBBQで腹ごしらえ。
運動したせいか、自然の中だからなのか、元々食料が上等なのかそれは定かではないのですが、とにかくうまかったです。

食後に川の中に横たわっている木に寝ころんでしばし休憩しながら、やっぱり人はたまには自然に還らないといけないなぁと実感しました。


後半は多少疲れも出てきたせいか、操船がうまくいかずあっち行ったりこっち行ったりの繰り返しでした。
最初は見とれていた景色も、さすがにずっと似たようなものだと飽きてきたり。
現金なものです。

なんとか時間内に目的地に到着できて胸をなで下ろしましたが、初めてのカヌーにしては十分すぎるくらい楽しめたし、まぁ上出来だったのではないかと密かに思ってます。


ただ、今回はスリルという言葉とは無縁だったので、次回は急流でラフティングかカヤックにでも挑戦したいです。

meebo

カテゴリー: Computer

ここ数ヶ月(というか一年くらいかも)、IMを使っていませんでした。
理由は特にないのですが、以前PCが死んだときにIMのクライアントをインストールしなかったせいでしょう。
まぁ、mixiといったSNSがメッセで友達と会話を交わす代わりになっているような気もしますが。

そんな状況の中、ちょっと面白いサービスを見つけたので使ってみました。

meeboはインスタントメッセージングをウェブで提供してくれるサービスです。

以前使っていたTrillianのようなクライアントソフトをPCにインストールすること無しに、複数の異なるIMのアカウントを一度に管理してくれます。
対応のIMはAIM、MSN、Yahoo(Japanは非対応)、ICQ、GTalk(Google Talk)、Jabberなど。

インターネットブラウザがインストールされているPC環境があり、meeboのサイトに行きさえすれば複数のIMが使えてしまうというのはかなり便利です。
動きも結構軽快ですし、見た目も嫌みがありません。


んで、オンラインになってみたんですけど、友達がほとんどいなくなってました・・・。

意味無いし。


20060812112808.jpg

「Little Miss Sunshine」

カテゴリー: Movies

Little Miss Sunshine」を見ました。

[7歳の娘の"Little Miss Sunshine"ビューティクイーンコンテスト出場という夢を叶えるため、フーバー家一同はNew MexicoからCaliforniaまでVWのバンで向かう。自己啓発プログラム狂いの父、ヤク漬けの祖父、ゲイで自殺未遂したばかりのいとこ、不言の誓いを立てニーチェに心酔する兄、ぽっこりおなかと地味なマスクでビューティクイーンを目指す娘、そして一家をなんとかまとめ上げようとする母というまれに見る壊れた家族の道中には次々と問題が降りかかってくる・・・]

インディー系の地味な匂いのする映画です。Sidewaysと同じ匂い、かな。
笑えます。おすすめです。

まぁ、あそこまで問題児が集まったら笑えないワケがない。

個人的にアタリだったのは「40 Year-Old Virgin」のSteve Carellが出ていたこと。
ひげ面でわかりにくいですが、いい感じでゲイを演じてます。

それから、おじいさん役のAlan Wolf Arkin。
アホです。孫娘にあんなダンスを仕込むなんて。
しかもかなりの毒を吐くのでスカッとします。
この人はオスカーにノミネートされたことのある名優で、しかも子供向けの童話の作家だったりするのに「Fxxking...」とか「若いうちにたくさんの女とやりまくれ!」とか言ってたりしてそのギャップがすてきです。


話は結局ドタバタなわけですが、最後にやっぱり家族っていいね、ととりあえず少しだけ思ったり、思わなかったり。

とりあえず笑えるんで、見て損は無いんじゃないかと思いますよ。


desktop1.jpg

Cliff Hugger

カテゴリー: Sports

朝も早よから友達とGunksにロッククライミングに行ってきました。

と言っても、自分はズブの素人でシューズすら持っていません。
そこでまずRock & Snowという近くの街のショップでクライミング用のシューズを購入することにしたのですが、自分の足のせいで予想以上に時間がかかってしまってみんなに迷惑をかけてしまいました。
今まで気づかなかったのですが、どうも右足の方が大きいらしいのです。
そんなわけでサイズが微妙に合わずにシューズ選びが難航してしまったのです。
アキレス腱を切った方の足でもあるのでその辺は少し慎重になりましたが、どうにか良さげなものが見つかりました。


球技だったらたいていのスポーツをこなす自信がある所沢体育大学出身の自分ですが、最初の岩で挫折しました。

体は重いし、腕力無いし、足は痛いし。

それでもなんとか最初のたぶん超初心者用の課題はクリアできてホッとしました。
ただ、そこから先はひとつも登れませんでしたけど・・・。


CIMG2049s.jpg


必死に壁を登ろうとしているんですが、動けなくてしがみついてます。
木の幹にくっついている死にかけのセミみたいです。

下で見ていると簡単そうに見えるのですが、いざ登り始めると勝手が違って動けなくなります。

悔しくて何度も挑戦するのですが、ずり落ちるたびに握力もなくなっていくという悪循環。
そんなことを繰り返していたら手のひらがすりむけて真っ赤になってしまいました。



CIMG2051s.jpg


そんなこんなで、達成感よりも悔しさの方が大きかったクライミング初体験だったわけですが、そんな中でもクライミングの魅力みたいなものは十分に感じることができました。

それに、こんな景色も眺め放題だし、ホントに行って良かったです。


CIMG2058s.jpg

 

今後はしっかりトレーニングを積んでまたチャレンジしたいと思います。

「博士の愛した数式」

カテゴリー: Movies

博士の愛した数式」を見ました。

[家政婦紹介組合から『私』が派遣された先は80分しか記憶が持たない元数学者「博士」の家だった。こよなく数学を愛し、他に全く興味を示さない博士に、「私」は少なからず困惑する。ある日、「私」に10歳の息子がいることを知った博士は、幼い子供が独りぼっちで母親の帰りを待っていることに居たたまれなくなり、次の日からは息子を連れてくるようにと言う。次の日やってきた「私」の息子を博士は「ルート」と呼び、その日から3人の日々は温かさに満ちたものに変わってゆく…。] (Wikipedia "博士の愛した数式”)

最近、武士道に関係する本を二冊ほど読んだのですが、それらの本の中で語られる内容と、この映画で触れられているいくつかの部分が共通していたせいか、自分の中にすっと入ってくるような感覚を持ちました。
(その本というのは「日本人の品格」(岬龍一郎)と「国家の品格」(藤原正彦)なんですが、特に後者の筆者はやはり数学の教授だったりします。両方ともなかなかおもしろいです。)

寺尾聰の博士っぷり、記憶喪失っぷりがなかなか自然で良かったし、吉岡秀隆は純君だし、深津絵里はジーンズの折り返しが気になって仕方なかったけど、なんとも心温まるお話でいい映画だなぁと思いました。

泣かないけど。

あと、最後の方で出てくる能も、「二人が事故る前に見たものをまた見てるのかな?」程度にしか思っていなかったのですが、実はこの演目が映画のストーリーと密接に関わっていたりするみたいで。

結構深いです。

自分のように、数学で赤点取った人でも問題なく楽しめる映画です。


hakase.jpg

冷房死

カテゴリー: Days

ここ数日ほんとに暑い日が続いています。

相変わらずうちの冷房の効きは良くないのですし、我慢できてしまう暑さだったのでこれまではあまり冷房はつけていませんでした。
停電も怖いし。

しかしいざとなればベッドが冷房の目の前にあるため、就寝時には多少活躍してくれるのです。


昨夜もあまりに暑かったため、冷風を少しでも逃さないよう窓やドアを閉めて万全の体制で冷房をかけてベッドに入ったのでした。

いつも通りあまり涼しくないものの、寝ている間に涼しくなって後で目が覚めちゃうかもね、なんて思いながら夢の中へと落ちていったのです。

2時間後、予想通り目が覚めたのは涼しくてではなくて暑くて。
部屋がサウナみたいになってました。
陽炎が見えました。
冷房は室温が98度あるよと示してくれています。

あまりの異常事態にとりあえず冷房を止め、窓を開けました。
そしてキッチンで冷たい水を飲んで落ち着いてから、もう一度冷房の電源を入れパネルをよく見てみると、なぜかファンモードになっているじゃないですか。

ただでさえ暑い中、窓を閉め切って扇風機かけても熱い空気がかき混ぜられるだけです・・・。

気を取り直して冷房モードを選択すると、(扇風機よりは)涼しい風が。


もう少しで密室殺人の犠牲になるところでした。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。