スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

MDR-EX71SL

カテゴリー: Computer

Walkmanのイヤホンがイカれました。

少し前からコードの調子が悪かったので予想はしていました。
そんなわけで実は新しいイヤホンを購入していたのです。
偉い。

MDR-NX1という、ネックストラップ付きのイヤホン。
でも、このイヤホンてばアメリカに入っていていないようで、アメリカ国内のショップやサイトでは手に入れられないのです。
仕方なくアジア系のちょっと怪しいサイトで注文したら到着予定まで2週間だそうで。
購入はしたのですが、まだ手元に届いていない状態です。

ホントに送ってくれるんだろうかと半ば不安に思い、とりあえず会社帰りにJ & Rに寄ってMDR-EX71SLを買いました。
いや、間違えたわけでなく。
だって、ネックストラップ付きだと会社に行く時なんかは少しカジュアルすぎる気がして。


MDR-NX1MDR-EX71SLも密閉式のイヤホンです。
このタイプを使うのは初めてなのですが、なかなか良い感じです。

まずシャカシャカ音が外にもれないし、外からの音も入ってこない。
そのため大音量で聞く必要がないし、低音もカラダに響く感じ。

とは言え、気になる点もいくつか。
まず耳が密閉されるので、何となく耳がつまる感じがします。
それから、自分の体の音(歩いている時に、足が地面に着地する音とか)が聞こえてくる。

耳がつまる感じがダメな人は結構いるでしょうから、好き嫌いが別れそうです。
まぁ、イヤーピースは3種類入っているので、ある程度解消はできますけどね。


あ、ちなみにMDR-NX1MDR-EX71SLも色は白なんですけど、別にiPodを意識したわけじゃありませんてば。
スポンサーサイト

結構小さいのね

カテゴリー: Days

ヒロミに会いました。

厳密に言うと、郷ひろみとすれ違いました。


SoHoを散歩していたら、昆虫みたいなドでかいサングラスをした日本人の女の子が目に入って、何じゃこりゃと思って隣の男を見たらヒロミ・ゴウでした。

ヒロミも大きめのサングラスで素顔を隠しながらも芸能人スマイルを浮かべ、彼女らしき若い女性と腕を組んでおデート満喫中のご様子。


NYに住んで3年以上経ちますが、あまり有名人を見かけたことが無かったため少しだけドキドキしてしまった自分が何故か腹立たしい。

でも、ヒロミって結構背が小さいんですね。
自分とあまり変わらないくらいでした。
180cmくらいだと勝手に思っていたので、最初ただのそっくりさんかと思ってしまいました。

でも公式ウェブサイトのWhats' Newに


◆ [HIROMI-GO.NET]Mail From Hiromi
『NYはまだまだ寒いけど、元気にやってます。』更新しました。(06/03/17)


って書いてあるから、たぶん本物だと思います。
確かに元気にデートしてました。

しかし50歳越えてるとは思えないくらい肌の色ツヤが良かったです。
カッコイイ!
(一応褒めてみた)

よく寝た日

カテゴリー: Days

普段は週末でも7時頃に起きてしまって、そのまま二度寝したりせずに起きていることが多いのですが、昨日はひと味違いました。

11時まで二度寝して、昼ご飯を食べて更にもう一眠り。
結局起きたのは3時半でした。

あんなにたくさん寝たのは本当に久しぶりです。
寝過ぎたせいかちょっと頭痛かったし。

でも、思うんですけど、どんなにたくさん寝ても、眠気というのはなくならないみたいです。
確かに「よく寝たなぁ」という満足感みたいなものはあるのですが、夜になればまたあまり寝ていない時と同様に眠くなります。

必要以上に眠っても、自己満足に浸れるだけで特に疲労が五割り増しで回復するわけでもなく、ただ単に洗濯と掃除をする時間が無駄に消費されただけのような気がしてなりません。



と、何を今更的なことを7時に起きて考えているのです。

Last.fm

カテゴリー: Computer

ネットを徘徊していて偶然見つけたサイトなんですが、少しだけおもしろいので紹介します。

Last.fm

簡単に言うと、好みのアーティストと似たテイストを持った他のアーティストを紹介してくれるのです。

例しに"Soulstice"で検索してみると・・・

1  Djako 100
2  petalpusher 90
3  Demon Ritchie 82
4  Mr. V 81
5  Sixtoo Vs. Simahlak 80

みたいな感じで100アーティスト表示されます。

それぞれのアーティストにリンクが張られていて、Overviewページでサンプル曲を聴くこともできます。

それから、User Tagという概念がなかなか興味深い。
上のSoulsticeのUser Tagは・・・

acid jazz   acidjazz   bossa nova   chillout  

dance   downtempo  electronic  

electronica   groove   hip-hop   house  

indie   lounge   mpb   music to chill to   rock   sexy sirens   trip-hop 

という感じ。

要するにそのアーティストのジャンル分けなんですが、文字の大きさで関連の大きさを表しているようです。
つまりSoulsticeはElecetronic、 Electronica、 Acid Jaz、Chillout系の曲が多くて、でもRockの要素も含まれている、と。


このサイトのシステムについての説明をしっかり読んでいないのでわかりませんが、たぶんユーザーの登録するアーティストや曲の情報を元にして検索結果を表示しているのだと思います。
そのためか、たまにUser Tagに無茶なジャンル分けがあったり、Similar Artistsじゃないような人が入っていたりします。

しかしそんなものはささいなこと。

wikipediaなんかもそうですが、ひとつの事柄からいろいろ興味が広がっていく、その際限の無さが最高です。



あ、日本のアーティストも日本語で検索できますよ。

We've got a beef about it

カテゴリー: Computer

iTunes Music Storeで購入、ダウンロードしたファイルは、基本的にパソコン上ではiTunes(QuickTime)、携帯端末ではiPodでしか再生ができないようになっています。
(ちなみに、MoraでダウンロードしたファイルもiTunes、iPodで再生できないみたいです。でもiPodユーザーはiTMSがあるからMoraなんて行かないでしょ。)
これはDRMという、作品の著作権を守るための技術が組み込まれているためなのですが、その結果、ユーザーは使用アプリケーションや使用携帯端末の自由が制限されてしまうという現実があります。

実際、自分はQuickTimeもiTunesも音楽再生用アプリケーションとしてはあまり好きではないので、パソコンで音楽を聞く時はWinampjetAudioを使っています。
そして携帯端末はWalkman NW-E507。

この状況で、iTMSからダウンロードしたファイルを利用するには、まずそのファイルをCDに焼いて、それを再度再生可能な形式(mp3など)にエンコードしてローカルに落とす必要があります。

めんどくさい。
同じような不満を持っている人は結構いるみたいです。

iTunesの「DRM解除合法化」法案、フランスで採決へ  (ITmedia)

採決は延期になったみたいですけど。
まぁ、もし解除されることになったらなったで問題が山積み。
しかもフランスの話だから自分にはあまり関係ない。

別に大量にコピーしてばらまきたいワケじゃなくて、ただ自分の環境で快適に使いたいだけだから、DRMはよしとしよう。
でも、CDに焼いたりしないで、その場でエンコードできないものか・・・。

ネットで探してみたところ、JHymnというアプリケーションを発見しました。
捨てる神あれば拾う神あり。

早速ダウンロード・・・と思ってよく注意書きを読んでみると、iTunes6には対応してないらしい。
自分のiTunesは、6。
しかも一度iTunes6をインストールしてしまうと、アンインストールしてもダメだと。

拾う神はいませんでした。


でもでも、まだiTunes6をインストールしていない、しかも音楽鑑賞環境が比較的こだわり派のあなたは、iTunesの4.5だか4.6だかをどこかからダウンロードして来て使えば、少しだけiTMS生活が改善されます。

あ、でもこのアプリ使ってDRM解除(正確に言うと解除ではなく偽装らしいですが)すると違法らしいですから気をつけて。
バレるかバレないかは別として。

Sexual Orientation

カテゴリー: Days

今日は仕事の後にWest Villageにあるイタリア料理屋、Primitivo Osteria (202 W. 14th St., New York, 212-255-2060)で会社関係の歓送迎会がありました。

料理自体は飛び抜けておいしいわけではありませんが、良心的な料金設定と店員のサービスの良さが好印象のお店でした。


歓送迎の「歓迎」の方はうちのチームの新しいマネージャーのためでした。
明るく穏やかですごく良い感じの人です。
しかもキレ者で仕事もできるとのこと。
楽しくなりそうです。

それから、マネージャーは「パートナー」をパーティに連れてきていました
その彼はアメリカ人なのですが、日本語がネイティブ並にうまい。
それからメンタリティも日本人ぽくて、褒めると謙遜するし、こちらが謙遜すると「いやいや・・・」みたいな感じでフォローも入る。
去年まで十数年間日本にいたらしいのですが、ここまで日本文化を熟知したアメリカ人は見たことありませんでした。

二人を見ていると、うまくバランスが取れていて、なんだかある意味羨ましくなりました。

ん?


とりあえず会費は固定だったので、食べ過ぎかなというくらい食べて、飲み過ぎかなというくらい飲んできました。

一次会のあと、Diner 24 (102 8th Ave, New York, 212-242-7773) というレストランで友達4人で軽く一杯飲んでから帰ることにしました。
15th St x 8 Aveの角にある店は内装、外観、客層すべてお洒落な感じ

そんな雰囲気とは正反対で、サーブされたドリンクは最悪でした。
自分は赤ワインを頼んだのですが、出てきたのは日本の古びた焼き肉屋でオレンジジュースを頼むと出てくるような、もしくは大学の学食にあるような寸胴のコップ。
ワインも水で薄めたようなもの。
一緒に行った友達の頼んだモヒートもコスモポリタンもわざと作り方を間違えたような味だそうです。
アジア系でヘテロだったからナメられたのか・・・。

その場では、「こういうコップがお洒落なのか」とか「こういう味のワインなのか」とどこか受け入れてしまう自分がいて、これじゃイカンといつも思うのですが。
まぁ、友達と話がしたかっただけで、別に酒が飲みたくて店に入ったのではなかったので別に良いんです。

が、とにかくこの店は独断と偏見でオススメしません。

ダメな日

カテゴリー: Days

今日は恐ろしいくらいダメな日でした。

朝からIDを家に忘れてきたのを駅の近くまで行ってから気付くわ、乗り換えに失敗するわ、そんなもんだから遅刻するわ。
更に、今日は新しいマネージャーの人の赴任の日だったりするわ。

仕事中も注意力散漫だったかも知れません。
最近多少は仕事がスムーズにこなせるようになりつつあるので、ひとりでいくつも抱えてしまうことが多くなっているせいでしょう。
しかも時間が遅くなってチームメンバーが減ってから仕事が急に激増したため、かなりテンパってました。

そんな状況で正確な仕事などできるわけもなく、中途半端なことをして上司から怒られる羽目に。
ついでに訳のわからないクレームまでつけられるし。

最後にはおもしろくもないのに得体の知れない笑いが出てきてしまって困りました。

こんな日もたまにはあるか・・・。

がっかりした

カテゴリー: Days

Bostonの語学学校の寮に住んでいた時、自分には韓国人のRMがいました。
彼も自分もNYに移り住んでいながらチャンスがなくて4年も会っていなかったのですが、ようやくスケジュールを調整して昼ご飯を一緒に食べてきました。

いろいろと話をして食事を終え、帰る段になって話の雲行きがおかしくなってきました。
Good Business Opportunityがあるんだ、というのです。
ネットワークビジネスの勧誘でした。

絶句してしまいました。
別にネットワークビジネスが悪いとは言いませんが、久しぶりに会ったのにそういったものに勧誘されたため、なんだかがっかりしてしまったのです。
まるで勧誘するために声を掛けられたような気分になって。

彼によると、数人勧誘して自分のグループを形成すれば、後は働かなくても収入があり、リッチな生活ができる、というのです。
彼はもうその仕事を始めて2年ほど経っており、実際学生の身分ながら車を持っていました。
奥さんも学生です。
時計やアクセサリもよさげなものをしていて、いい生活をしているようです。

でも、自分は違和感しか感じませんでした。

人が働く理由というのは人それぞれだし、ネットワークビジネスというものをきちんと理解していないので、恐らく誤解している部分があるかも知れません。
ただ自分は、仕事というのは人間社会で欠けている、必要とされている部分を補うための自己表現の一部で、すごく自然な活動だと思うのです。
しかし、ネットワークビジネスは穴を自分で作ってそれを自分で埋めているようでなんだか不自然な気がしてしまうのです。
偽善ぽく聞こえるかも知れませんが。
そういった意味で、働かずに贅沢な暮らしができる、という誘い文句は自分にとっては全く魅力的ではありません。

もちろん友達は自分を騙そうとか利用してやろうというつもりで話をしたのではないと思います。
だからその場で断ることができませんでした。
しかし近いうちに友達に断りの連絡をするつもりです。
自分がもしそういうビジネスに興味が持てるのであれば良かったんですが・・・。

彼は、それでも自分と友達でいてくれるのかな・・・。

禁断の果実

カテゴリー: Computer

最近、とあるCDが猛烈に欲しくなりまして。

そんな時に最初にするのはやはり内緒の場所に落ちてないか探しに行くこと。
んでも落ちてませんでした。
仕方なく現実世界でCD屋さんというものに数年ぶりにCD目当てで行ったのです。
んでも見つかりませんでした。

も一度ネットに戻ってAmazon.com検索。
普通にヒットしたんで買ってしまおうかとも思ったのですが、受け取りが面倒なので中止しました。
まぁ、会社に送ってもらえば良いことなんですが。

そして結局ダウンロードすることにしました。

iTunes Music Storeから。

え?と思いますよね。
Sonyの音楽ダウンロードサービスといえばMora。(知らないか・・・)
でも、Moraって洋楽が全然無いんです。
探してたCDもありませんでした。
じゃあ邦楽はたくさんあるのかって言われても、よく分からないですけど。

MoraがだめならiTMSはどうなのよ、ということでiTunesをインストールしてお店に行ってみたら、バッチリありました。
速攻買いました。

しかもアルバム$9.90。シングル$0.99。
安い・・・。

そして禁断の果実を発見してしまったのです。

それはiMix

要するに、お気に入りプレイリストみたいなものが公開されているのです。
自分と同じ趣向の人のiMixには当然自分好みの曲がたくさんあるわけで、ついつい購入ボタンにカーソルを合わせてしまいます。
そして、$0.99だし、という悪魔の声でマウスのボタン押下完了。

それから、このiMixはユーザーのオススメ曲集みたいなものですから、あまり聞いたことのないジャンルの曲を買ってみたいけど、どれがいいのか分からない場合にも重宝します。

そんなこんなでもう30曲くらい買いました。$0.99だし。


ひとつ面倒なのはiTMSでダウンロードできるのはmp4という形式のファイルなので、自分の携帯プレイヤーでは聞けないこと。
mp3に変換する必要があるのです。

そこだけが、ネックです。
ていうか、ネックなのは自分がiPodを買わなかったことだということは分かっているので、改めて言わないでください。

「The Exorcism of Emily Rose」

カテゴリー: Movies

The Exorcism of Emily Rose」です。
少し前の映画ですが、やっと観ることができたのでレビューします。
ちょうど日本で公開するところみたいだし。

アメリカでの公開時はあまり話題になっていないようだったのですが、一応興行成績で一位になったりしていた模様。

[悪魔祓いの儀式中にEmily Roseという若い女性が亡くなった。
儀式を執り行っていたFather Mooreは過失致死で訴えられる。

世間の注目を集める裁判が始まり、次第にEmilyの身に何が起こったのかが明らかになっていく・・・]

406px-The_Exorcism_of_Emily_Rose_film.jpg


*以下、ネタバレ有るので注意してください。
read more...

怠け者

カテゴリー: Days

最近あまりというかほとんどジムに行っていません。
食事もパスタ率が高くなっています。

せっかく体重が落ちかけている感じなのに。

少し前に実家から送ってもらった荷物がやっと届いたのですが、その中に大量のパスタソース(ゆでたパスタにかけるふりかけみたいなヤツ)が入っていまして。
こんなに入っていたら食べるしかないじゃないですか。

そんな生活を一週間続けていたら、なんだかまた肥えてきた気がするのです。

もういい加減新しい職場での仕事も落ち着いてきたことだし、平日もジムに通う余裕があって然るべき。
それに資格の勉強も少し滞ってしまっています。

これではいけない。
頻繁に自分チェックをしないとダメです。

この瞬間をきっかけにしよう。

Uresiesthesia

カテゴリー: Days

花の金曜日。

なのに仕事中から頭痛に見舞われまして。
頭痛薬をもらって飲んだのですがあまり効かず。

外は寒いし、予定を全てキャンセルして家でふて寝決め込もうかと思ったのですが、まぁ飲めば何とかなるだろうということでTribecaにあるベトナムレストラン、HOIAN (135 W. Broadway, New York, 212-233-1339)に会社の友達と行ってきました。

ベトナム料理というと多少調味料にクセがあるという印象だったのですが、このレストランは日本の方が経営しているとのことで日本人の味覚に合わせてあるのか、まったく違和感なく食べられました。
店内は少し狭いかも知れませんが、雰囲気も悪くないんじゃないかと思います。

いろいろ話ができて楽しかったけど、薬を飲んでいたせいで酒のまわりが早かったのか、ちょっと個人的なことについて余計なことまで話してしまって反省。
変な風に動き出さなければいいけど・・・。

12時近くにお開きになったのですが、別の友達の誕生パーティにも声を掛けてもらっていたので、East Villageまで移動することに。

タクシーで行けばいいのに、何故か電車に乗るし。
とりあえず14th Streetまで行ったものの、L Trainが動いておらず仕方なく極寒の地上を歩いて現地に向かいました。

14th St. x 8 Ave. から9th St. x Ave. C
車で行けば5分の距離も、寒さに凍えながら歩くと南極大陸横断の苦労を垣間見ることができます。
そして、更に問題発生。

おしっこ。

さすがに自分も大人なので、焦らず騒がず近くのファストフード店などに入ってみるものの、どこも使用禁止だったり故障中だったりで使えない。
時間はすでに12時を過ぎていて、開いている店も少ない。
空車のタクシーは何故か全く走っていない。
いい感じ(?)の暗がりがある通りは何故か人通りが多く、人気の少ない通りは妙に明るく街灯に照らされている。

人生の理不尽さを痛感していると、いつの間にか目的地、Louis 649 (649 E. 9th Street
New York
,  212-673-1190)に着いていました。
為せば成る。

とりあえず、友達に挨拶もせずトイレに直行して事なきを得ました。

が、なんだか疲れ切ってしまってその後はぐったりしてました。
何をしに行ったんだか分かりません。

CIMG1903-1.jpg
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。